チョコがつなぐ人々。

先日のチョコレートパーティのお礼メールが届きました。
とても嬉しかったのでブログでもご紹介します!


(以下、メール)

親愛なるご近所の皆さま

先週はチョコレートパーティにお越しいただき、ありがとうございました。
美味しくて楽しい一日を一緒に過ごせたことに感謝です!!

ゆりねえが持って来てくれた水仙が香るたび、
「あー幸せな一日だった」といまだに余韻にひたっています。

今回おもしろかったのは、南阿蘇から来た俊郎さんが酒粕を持って来てくれて
「甘酒つくろう」というのに酒粕からのつくり方がわからず、
その時居合わせたみほ子さんが毎日のようにつくっているということで
ぱぱっとつくってくれて、「世の中よくできてるなー」と思いました。
俊郎さんが来た時にいたのはみほ子さんだけなのに!その人がつくれた!!
そしてつくってくれた甘酒は、時間の経過とともにチーズのようなコクが
でてくる美味しい甘酒でした。みほ子さん曰く「この酒粕は生きてるね」。
俊郎さん、みほ子さん、ありがとうございました。

うっとりするように美味しいチョコレートたち、記録にとどめておきますね。
だいたい来た順に・・・それぞれの方の活動紹介も勝手にしちゃいます。
今回は手作りチョコ率が高かった!

ccccccccccccccccccccccccccccccc
深井みほ子さん * 酒粕トリュフ&酒粕チョコいちじく
→薬膳ヨガ http://yakuzenyoga.com

吉田俊郎さん * 阿蘇の無農薬無化学肥料のお米からつくった酒粕
トランジション・ジャパン

吉葉志保さん &月音ちゃん* くるくるチョコレート吉葉家流(ピスタチオ、マシュマロ、クッキー、クランベリー)
→ジュエリーYYossYY

井筒みゆきさん&かんたくん * キャロブ・リンゴ・レーズンのケーキ(砂糖・卵・牛乳使ってないよ!甘さ控えめ大人の味)

若林邦子さん * アーモンドと甜菜糖だけで作られたアーモンドプラリネ(Muy-rica)!ギュッと詰まったやさしい美味しさです。パンなどに塗ってどうぞ

ゆりねえ * 由比ケ浜通りのかなやさんのウィンターチョコレート

天野朋子さん * カカオの実の砕いたのを入れたクッキー
→マクロビ料理教室 Whole Foods Studio

平木せいじゅんさん * ぺいすで習った蒸しチョコケーキ

安藤恵子さん * Damelのチョコケーキ(ショコラーゲントルテ)

山口さん&西村さん * チョコレートブラウニー(とっても濃厚に作りました)

井上麻子さん * 宇治抹茶チョコレートケーキ

水木智草さん * SLOW WATER CAFEのほおずき入りチョコレート

角舞子さん * 愛
→不動産 Enjoy Works
2/28「由比ケ浜通りを盛り上げよう!」会議参加者募集中!

井上いつかさん * ラ・フォレ・エ ラ ターブルのチョコパン6種類

藤本直紀さんあやさん * treepで買ったオーガニックチョコレート。パナマ92%CACAO
→ものづくりユニット KULUSKA

とみぞうさん * クルスカさんと一緒にtreepへ行って買いました。ダーデン有機アガペチョコレート ダークカカオ70%

いささん * チョコレートシチュー☆☆☆
 →「鎌倉で働く男のエプロン」最高です!clopin-clopant

いっちゃん * オーガニックチョコ アカペッパー チャイ味

やっち * 酒粕スコーン(寺田本家の酒粕、粂豆富店の木綿豆富やバナナ、ナッツ、ベリーなど大好きなものをつめこんで焼きました)
 →イマジン原発のない未来kamakura parade

cccccccccccccccccccccccccccccccc

あれもこれも、また食べたくなってしまいますね。
それでは、また来年も・・・お待ちしております!

宇治牧子



:::::::

というわけで、
チョコパを開いた牧ちゃんという友人を、
こんなひと、ととても一言では伝えきれないのですが、
まず独特の魅力を秘めた美しい女の子です!
「バーンロムサイ」の店員さんで、
ソンベカフェの宇治さんの妻で、
障がい者支援のお仕事をしていて、
トランジションタウン鎌倉(TT鎌倉)の活動をしていて、
布ナプワークショップなんかもしている。
ほかにもあるのかなー?

チョコとトマトが大好きで、
一度にたくさんのチョコを食べたい!
と夢みて開いたのがこのチョコパなのだそうです。
かわいいですよね!
そして毎年恒例のこのパーティが
チョコだけでなく人をつないでくれてもいるのです。

数年前のチョコパ
今年のチョコパ

最近、酒粕LOVEでよかったです〜。

メールの最後、もちよりものの説明に、
集った人の活動紹介が添えられているのをみて
ものすごくワクワクして、感動しました!

ワクワクは、ここに記されている皆さんが、
想いに熱く、まっすぐだからこそ優しい、そんな人たちだったから。

そして感動は、お互いのことを後からわかるようにしてくれたことに。
それを、翌日に焦ってとかではなく、
一週間たってすーっと、送ってくれていることに!
出会うべくして出会えたんだって信じられました。
鎌倉時間ですね。
それってスローで、わたしにとってとんでもなく、安心ってこと。

おかげでメールの向こうに笑顔がいーーっぱいみえました。
また会いたいって思えました。
牧ちゃんどうもありがとう!
来年のバレンタインも楽しみにしていまーす!!
by iiyo-ok | 2015-02-22 16:09 | 鎌倉ライフ