クリスマススペシャルダイジェスト。

e0172219_11273486.jpg
今、父がぽーんと、
「自然治癒力!」
とかなんとかいって、飴を投げてよこしました。
ふだんはいじわるなくせに・・たまにこんなことをする父と、
ポリポリ飴をかみくだきながら
背中合わせでパソコンにむかっています。
(父の書斎を間借り中)

さて、昨日は「クリスマススペシャル@北鎌倉」と銘打って、
土鍋でお汁粉をいただきました!
あつあつふうふうは、これだったんですね~。

小豆の紫に、溶けたお餅が白く渦をまく。
創作和菓子「手毬」のおしるこです。

南瓜の種が緑で、くこの実が紅。
小豆は、利水効果が高いので、
それとうまく凸凹がはまるものを、使って頂きました。
ケーキみたい!とみんなニコニコ。
そう、この笑顔です!!

そして、山で瞑想をしました。
一番、気持ちいい季節。

少なくともこの12月は、最高でした。
山が、今、寒くないっていったら、信じられますか?

もちろん厚着はするし、お座布団も敷くけれど、
山にあがると、ほかっとあったかい状況?
というようなものに、包まれる。
居心地がいいことが、暖かいのでしょうか。
あがるたびに、不思議です。

体も、反応します。
吸いこんだ空気が冷たいほど、
肺に流れ込むのが、はっきりわかって
冷たいものが通過すると、胸がなぜか熱くなります。
感謝です。
だって、気持ちがいいからです!

気持ちよくて、よくて、
スーハースーハー、とまらない。
深呼吸って気持ちいいだけじゃなくて、嬉しいのです。

昔、呼吸に感謝、という言葉の意味を、
ヨガのトレーニングをしながら、つかんで、
また忘れて、思い出せなくなっていたのが、
ここへきてよみがえってきました。
ありがたいといいたいくらいの、嬉しさです!

それから、ヨガの特別なプログラム。

参加者が出そろうまではどうなるかわからないけど、
”スペシャル”をやろうと、決めていました。

運動そのものに熱意をこめて、体の変化を感じていくヨガ。
手足一本、内臓一つに感じるものを持つ、深い深い瞑想のようなヨガ。
素晴らしかった・・。

そうと決めてやったわけじゃなく、
皆さんにひっぱってもらって、そうなりました。
私も、これを求めていたんだと、
はーっと力が抜けたような思いがしました。

起きることは、思っていたことが形になるというけれど、
何か違うと思いながらやっていれば、望まないスタイルになるし、
こうしたいというのがあれば、ちゃんとそういうスタイルになる。

ヨガのクラスも、みんなでいっせいのせ!みたいにして
変わることがあります。
終わると、みんなが満足している。
これは、最高の変化です!

クラスは、どうやら、ずっと同じではないようです。
学びを得たヨガを原点として、
クラスをスタートしてから、今日まで何回も、
さなぎの殻を脱いできました。

あたり前だったことが、当たり前に思えなくなると、
プログラムが変わる。
これは、どうしようもないことで、
同時に、最高の変化。
皆さんに、教えてもらって成長できるって
ほんとうにありがたくて、幸せです!

これからも、新しい薬膳ヨガを楽しみにしていて下さいね!

…書きながら、背中の父にも、
好きなようにやらせてくれてありがとう!!
もう、申し訳なくてこれしか言えない!!

あ~
飴をかみながら、
来年は、ウサギの父(寂しがり屋ってことです)のためにも、
私は放蕩娘スタイルをそろそろ卒業しようと思いました。
ほんとに、苦労かけたからなぁ・・・。

やることいっぱい!ほころびもいっぱい!
しかも、お掃除なんにもやってない!!
でもいい年末だなーと思うのは、どうしてでしょうか?
みなさんも、満足度100%の年越しをお迎えくださいね!
[PR]
by iiyo-ok | 2011-12-26 15:19 | ごほうびヨガ(たからの庭)