ヤンバルへ!!

今朝、窓を開けたら、秋のにおいをかいでしまいました。
毎年、嗅覚で秋を感じるのが楽しみなんだけど、
今年は早かったなぁ・・。

季節外れにならないうちに、沖縄のこと、ご報告させてください!

e0172219_1831156.jpg

最初に、ヤンバルへむかいました。
お世話になったのは、逗子でcafeを営んでいた根本きこさん一家と、
葉山で保育園の先生をしていた北村たいしくん一家が、
震災以降暮らしている、高江のこんな素敵なおうち。

星明かりの下でいただく、玄米、沖縄の野菜、炒めもの、果物。
賞味期限ぎりぎりだったらしい、島豆腐の、
自然な酸味?の酸辛湯(サンラータン)は絶品!
一瞬で、大鍋がカラになりました。

きこさんは、プロのフードコーディネーターです。
今は職業主婦、と名言している笑顔が、すっごくきれいです。
旦那さんの潤さん、たいしくん夫妻、高江のお仲間と、
島根の日本酒を呑みかわしました。
川で、手長海老とりをして、星をみて・・・・夜が更けました。
e0172219_1295711.jpg

e0172219_130535.jpg
たいしくんの奥さん、はるかちゃんは、目下シーグラスで、おじさんと鳥を制作中。

下は、月桃(げっとう)の実。さわやかな香り。
化粧水にもなるのだと、教わりました。
お茶もおいしくて、今クラスでお出ししています。
胃もたれ、高血圧によいそう。
e0172219_130915.jpg

e0172219_1833831.jpg

ここが高江という場所で、
それが友達の話していたヘリパット建設地域だったとは・・!!
早速帰りに立ち寄ってもらい、寄せ書きをみました。
ヤンバルの自然を、守るための場所。
こちらにいる間は、できることをしたいと、
たいしくんはあちらでも、やはり保育園の先生です。
e0172219_1833414.jpg
「山亀」はうまい、「山亀」にいくといい、
宴会でも名前の出ていた、天然酵母のパンやさん。
山をかき分けかき分け、下りきった谷に、ありました。
走ってくのは、きこさんちのちびっこたち。

拳骨大の、石みたいなシナモントーストがおいしい!
わたしは、よもぎのピザを。高江では、野草をふつうに食べています。
e0172219_1833091.jpg

e0172219_1832661.jpg

おうち、横から。手前は、広いはらっぱ。
夜は大の字になって、白く輝く天の川を眺めました。

家へ帰るのに渡る川。
ビーサンできといて、よかったあ。最初はびっくりでしたよ。。。
あちらでは、基本、事前の説明はありません。
e0172219_1831916.jpg

e0172219_183315.jpg

朝は暗いうちに起きだし、川べりでヨガ。
水汲みにきたたいしくんと、いったん朝ごはんにもどり、
食べてからもう一度、みんなでやりました。
ヤンバルは涼しいんです。
水面を眺めながら、いくらでも、呼吸していられました。
e0172219_14152110.jpg

立ったままの朝ごはん。
主食は、ヘゴのフリッター。
巨大なぜんまいのような、リスのしっぽの剥製のような、
けむくじゃらのもの、をポキンと手折り、毛をむしって調理します。
絶句する私に、これ野草なんだけどほとんど木だよね、と、たいしくん。
e0172219_1465713.jpg

e0172219_1465713.jpg
e0172219_1478100.jpg

スナックパインは、今が旬。
皮ごと、トウモロコシみたいにむしっても食べられます。
とろっときれいなピンクのは、酵素の豆乳ジュースです。
みなさん仕事だったり、二日酔いだったりしたけれど、
はるかちゃんと、咲太朗が名ガイドをつとめてくれました。
e0172219_14124100.jpg
ちょっぴりホームシックだったからと、再会を喜んでくれました。
ずっとおつきあい、どうもありがとう!

高江では、川が生活の場所で、
わたしも洗濯物を、川で洗いました。
水量が多いから、洗剤がなくても、大丈夫なのだそうです。
髪の毛も、胸まで川にはいって、洗いました。
ティモテmのCMみたい、、あ、古いか・・。

お風呂だけは、はずかしくて、服をきたまま済ませました。

次は来年の夏!と、握手をし、
私はゆずライブへ、皆さんは高江の生活へと別れました。

みなさん、素敵な時間をありがとうございました!
e0172219_1873937.jpg

わあああああああ!!!!!
ママに取り残され、怒り心頭、さくたろう。
[PR]
by iiyo-ok | 2011-08-28 14:32 | みほこライフ