『ヤブガラシ納豆そば』

e0172219_22194816.jpg
ヤブガラシ。薮枯らし。
薮すら枯らすといわれる、強い草。

夏をピークに、畑じゅうに広がっていました。
農作業的にもつわものらしく、
こいつらを食べられるんだったらこんなに嬉しいことはない、
などと、くわばらさんからも期待のお言葉を頂いていたんです。
だけど、夏は手がでなかったなぁ。。なんだかこわくって。

ところが秋も終わるころ、
近所の裏山で、きれいに蔓を巻くヤブガラシを見つけました。
盛りを過ぎているせいか、どこかはかない。
よくみると、葉っぱの形がかわいいよ~?少し摘んでみよう。。
ゆがくと、モロヘイヤに似た香りがします。刻んでみたら、ネバネバする~。
ピン!ときて、おそばをゆでてあわせてみたら、うーん、やっぱり!
e0172219_22394197.jpg
食欲をそそる喉ごし。
しゃきしゃき、野菜を食べてる感があるのも嬉しい。
ゆず胡椒をのせたら、風味が増して、
お蕎麦屋さんにあったら頼みたいくらい。
早速、納豆を持って畑へいっちゃったっけ。
でももう、どこにも見当たりませんでした。
冬は、いなくなっちゃうんですねえ。。

大きな仕事でプレッシャーてんこ盛りで、心が弱くなりかけると、
なぜかむしょうに、食べたくなりました。
生命力、まさに「生きる力」をくれる野草です。

[ヤブガラシにあうもの]
納豆、とろろ、生卵、オクラ、ゆず胡椒、かつおぶし、しょうゆ、濃い目の出汁など

[ヤブガラシの摘み方]
柔らかそうな葉だけを摘む。

[ヤブガラシの食べ方]
塩をいれたお湯でかるく湯がき、刻んで粘りを出す。


粘りのあるものと和えると、美味しく頂けるようです!
[PR]
by iiyo-ok | 2010-12-27 22:12 | 野草ライフ