身体感覚講座。

以前このブログの中でご紹介した、「身体感覚を磨く12カ月」。

先日、この本の著者松田恵美子さん
「身体感覚講座」<旧暦美人コース~季節の身体スッキリコース>
という講座を、受講してきました。

本を手にとって下さった方は、よくよくわかると思うのですが、
ヨガの挿絵が、いっぱいでてきますよね?
だから友人などにも、新しいヨガにいってくるといってでかけたんですよ。
しかし、これはヨガではなく、身体の感覚を磨く講座でした。
でしたも何も、名前の通りだったんだ!

講座当日。
会場は代官山。
ワクワクして、早起きしました。
なのに時間を間違え、滑り込みセーフです!

「大ジョブ大ジョブ、自己紹介おわったとこ!用意して、はやくはやく!」
と、笑顔で迎えてくださって、ありがとうございます、
先生と参加者の皆さん。。とほほ。。。


実は、先生との最初の出会いは、
光野桃さんの「感じるからだ」という著書の中。
Mさん、という名前でたびたび登場するこの方が、
ずっと気になっていました。

実際にお会いしてみると、光野桃さんが描かれている女性像とピタリ一致!
「柔らかい根を張っている」という感じ。
揺らがない、ぶれない。だけど同時に感じる、母なる女性の柔らかさ。
新参者の私のヨガにも、
「へえ~、すごい!まぁ~、参考にしてくれてありがとう、、」
などと、コミカルなアクションつきで興味を持ってくださいます。


プログラムはまず、季節と体の座学から。
秋は骨盤がしまりだす。冷えるのは?「足首」気は?「上へ向かう」
体の中に今何が起きているかの、種明かしです。

続いて、それを体感してみようというのだからたまりません!
ペアになった相手に、押したり引いたりしてもらいながら、
「あっ、感覚、ありました!!」となるのを、ひたすら繰り返します。

骨盤は左右どちらか、必ず「弱いほう」がある。
それを見つける。
耳をひっぱってあげると、胃のあたりがスーッとする一点がある。
それも、見つける。
うつぶせになって足の裏を踏みあうと、あれ不思議。
自分が踏み終わると、足がぺったり、地面にたってるーーって感じがする!

最後に、腎に気を集めて終わります。
「ただポーズやるより、このほうが速く集まるよ!」
と、終始ヨガにとりいれること前提のご指導。

恵美子さん曰く、
「どんどん使ってね。全部先人からの知恵だもの。伝えていかなくちゃ!」
とのこと。なんか、素敵だなー。。

「身体感覚磨き」これからも時折、参加させて頂こうと思います!
[PR]
by iiyo-ok | 2010-09-19 22:59 | プログラムの一例