こんにちは!
薬膳ヨガのみほこです。

細かいところは「からだのこと」カテゴリーを読んでいただくとして…おかげさまで、手術がおわりました!途中でお腹をきることもなく、腹腔鏡でやっていただきましたよ〜。柏木先生、阿部ちゃん先生、ありがとうございます!!

手術は朝から半日がかりで予定より長丁場。つきそいの弟も、これには不安になった模様。

麻酔からさめたときのことを思い出します。

「縫う場所がちょっとあれだったんで、穴5開けました。では〜」みたいな柏木先生のトーク。白衣をひるがえして去ってゆく様子。

脳がすごい勢いで仕事をしていたこと。メールとスケジュール設定のパソコンの世界に迷い込んでた。映画のようだった。

半泣きで、頭が仕事をしちゃって疲れたので眠り薬をください、と看護師さんにすがったこと。

ふかいさん、まだ手術の麻酔が残っているでしょう、飲み薬は飲めませんよ、と優しくことわられたこと。(あたりまえ)

…断片的にいろいろ思いだしてきたところです。

時間がながくて穴がいっこ多くあいたけれど、予後は良好。あたりまえの痛みの試練はあるけれど、今朝までがピークだったみたい。全体の説明が今夜なのでまだなんともいえませんが、弟の話、先生をつかまえて聞いた話をつなぎあわせると、結果オーライな感じです!

ただ退院日は、ずれこみ中(T_T)
早めバージョン←手術翌日から3日程度
遅めバージョン←手術翌日から6日程度
のうちの遅めバージョンになりつつあります。
その分リハビリが長くできていっか。
このリハビリがいいんですよー。

手術の翌日から始まりますよーと、まさに手術室の看護師をされているTTの方に聞いていたんですが、マンツーマンで、わたしに適正な種目が日々追加されていきます。今日は新しい筋トレを4つやりました。

ああ、わたしはいまロンドンでみた夢の「統合医療」を実体験しています!

麻酔の恩恵にあやかりながら、呼吸、ウオーキング、筋トレを行う。どちらも必要な要素で、すべてが医療費として国から支援される。

しかもですよ。ヨガもなんです。
これは先生がつかないですが、眠れない日が続いて眠り薬がからだにあわなかったわたしに、最終的にドクターがくだした診断は、

ヨガをしてください

でした。

ヒャッホ〜!!

医療現場って元々そんなだったのかもしれません。
わたしが知らなかっただけなのかもしれません。
だけど、なんだか、感動しました!

ここまでかいて、いま午後のリハビリしてきました。 爽快です。夜はドクターの指示通りヨガをしてねまーす。

まだまだ、お腹につながれたチューブからでてくる液体が止まるまで、痛い思いは続きます。

でもこれもわたしのからだの正式な反応で、出したいものがあるからでるんですよね。

いいんだよー、出たいだけ出るんだよー、とお腹に話しかける余裕もでてきました。

友達や弟とよく笑ってます!笑うとお腹痛いけど笑うネタがありすぎて。とくに弟とやりとりできたのが今回のよかったことの一番かなあ。

なんていいところばかりあげながら、
12/15退院のイメージで準備しています。

今週土曜日のヨガで会いましょう。
[PR]
by iiyo-ok | 2016-12-13 15:01 | からだのこと

またまた間があいてしまいましたが、
わたしは元気ですよー!

メールやメッセージの励まし、
ありがとうございます!
お返事、一通づつかけていないけど、
みんな読んで、
嬉しいな、ありがたいな〜と思っています。

ハイ、もう耳にタコかもしれませんが、
あくまでも予防の、だから
心配しないで大丈夫な理由で、
明日、手術です!いよいよだ〜…

先にクラスのことをかきますが、
来週の水曜日のごほうびヨガは
TT13期生のYoko先生が担当します。
来週土曜日のごほうびヨガは
いまのところわたしが、
口頭レッスンになるかもしれませんが
担当させていただきます。

いろいろご迷惑おかけして
ほんとに申し訳ない気持ちでいっぱい。
TTのみんなにも、横の関係にも
ご協力、本当に感謝です!
1日も早く戻ります!

ということで、予防の手術ですが。

それでも、わたし的には大騒ぎですよ。
この8月からこちらのブログの
「からだのこと」カテゴリで、
今回の経緯、初体験をぜーんぶ、
実況中継してきました。

中でも今日は、
ジェットコースターな1日だったなー。
泣いて笑って、疲れた。ハア。

知らなかったけれど、
手術って前日にやることが
たくさんあるんですね。
話、相談、書類確認。
やりのこしてた検査に、顔合わせ、
そして、採血。←いつも突然で泣けます

先生のキャラを
付き添いの友人たちがおもしろおかしく
分析するのもいけないし、
それでなくてもネタに事欠かない
最近のわたしなので
今日はよく笑ったなー。

かと思いきやさっき
採血が痛くて号泣。
もう、壮絶でした。

特別な採血だったらしいんですが、
二回目は違うドクターがきて
無痛でしたから、
一回目の、あの何分ほじくっても
とれなかったあれはなんだったのか。

採血で号泣は、ないと思うでしょう。
わたしも思いますよ。
注射はきらいだけど、普段は泣かないし、
今日も、やってる間は泣きませんでした。

だけど針が焼き鳥の串のように
思えたっけ。
あれをもう一度やるのかと思ったら、
←血がとれなかったんですね

無理すぎて、嗚咽しながら、
ナースコールしました。

そしたら違うドクターがきて
スーッと完了しました。無痛!
焼き鳥の串が、絹糸くらいに思えました。

ドクターと受け手の血管に、
相性とかがあるらしいんですよ。
あとで、一番目の焼き鳥の串先生が、
痛かったねー、ごめんねーと、
謝りにきてくれました。
いやいや相性だからいいんですよと
なぜかなぐさめるわたし。

泣き疲れ、
ぐったりとお風呂にはいりました。
アンタ可笑しすぎるからと
友人は大喜び。
わたしもだんだん笑えてきて、
泣き疲れ、笑い疲れて、
今、ようやく寝ようかなというところです。

確かに昔から
あんたはどうしてそんなに
面白いことばっかりあるの?
とか、
1人ドラマティック
とかいろんな人たちにいわれます。

上げられて⤴︎下げられて⤵︎
自分でもなにこれ、コントのネタみたい!
と思います。

でも1人ではひたすら悲しかったり
悔しかったりして、
まったく笑えないんですが、
友達に話すとねー
一瞬にして、お腹抱えて大爆笑です。
これってすごくないですか??

彼女たちに話すおかげで
私の泣いてる時間って、
わりと短めです、昔から!
話せる相手がいるってそれだけで
幸せなことなんだ!

というわけで、
退院は数日後の予定でーす。
またきますね!

おまけ
退院したら何食べたい?と聞かれて
ポトフ、と答えたのって冬っぽいな。

おまけ2
温か〜いものたべて、
元気に海ヨガしましょーね、大晦日!
[PR]
by iiyo-ok | 2016-12-08 22:10 | からだのこと

e0172219_10304793.jpeg

長らくお休みしていてすみません!

おかげさまで24日に検査をして、
今日退院してきました。
検査は初日にすぐ済んでしまいました。

今回も点滴の全身麻酔で、
起きたら終わっていました。
わかったことは、3つ。

やっぱりわたしの膵管と胆管は、
小腸の手前で合流していること。

やっぱり胆管が太くなっていること。

癌などの心配はなさそうということ。

よかったです!

手術日が決まったらお知らせしますが、
その間はクラスは休講させていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません(>人<)
すべて終わるまで、
もうしばらくお待ちくださいね。



おまけ:これが胆管です事件①
今回、起きたらまだ検査中で (痛くはない)
カメラがわたしに入ったまま
「これが、胆管ね」
などとインターン生に説明する、
先生を見てしまいました。
ひどいじゃん、阿部ちゃん先生!!


おまけ:これが胆管です事件②
痛くないとはいえ、怖いし、
「説明なら後にしてカメラを抜いてほしい」
と手を挙げて主張したら、
縄跳びの縄でも引くみたいに、
一瞬で引き抜かれました、カメラ。
授業みたいの続けながら!先生!
まあでも未来の役に立つならいいと(T_T)
夢の中で思いました。


おまけ:友人がファンに♪
阿部ちゃん先生は主治医ですが、
聞かれなくても自ら核心に触れ、
確定ではないことも
「なんともいえない」ではなく
「可能性はある」「ほぼない」
のような言葉使いをされます。
これには、付き添いの友人も安心。
いまこうして、あまり緊張もなく、
毎日穏やかでいられるのは先生のおかげ!
カメラの件は気にしないことにしようっと(笑)

おまけ:白米のおいしさ
今回、4〜5回のごはんが抜きでした。
頭痛いわ、顔はむくむわ、唇は乾くは、
肺呼吸すると一瞬ひくのですが、
それがごはんを食べたら!
ケロリと治り!
びっくり!
中医学で「気は食と呼吸で作られる」
と言われていますが、
全くもってどちらか一つではないものでした。
いい経験したなあ〜。


みなさんも体調いかがですか?
これから寒くなりますから、
自分に優しくしてお過ごしくださいね。


[PR]
by iiyo-ok | 2016-10-26 16:28 | からだのこと

e0172219_21532467.jpeg

今日はヨガボランティア!
ケアハウスで、ピアノの純ちゃん先生と
最近よくいらしてるともこ先生と
ピアノ&ヨガをしてきました。

ワッハッハ呼吸をして、ヨガのお習字もして
盛り上がりましたよー。どっちも
大人気の余興なんですよ。

そのあと、阿部ちゃん先生でした。

わたしの膵管と胆管が
手前でつながってしまっていて、
それが生まれつきで、
そのせいで長年、膵液が行き来して
胆管が太くなっているという件で、
ほんとにそれかどうかを知るための、
検査の最後のやつの、
日にちを決めてきました。

その検査は、
すぐ終わるんだけど
お腹が痛くなることもあるので
1日、見守りのために入院するんだそう。

入院なんて、ちょっとドキドキじゃないですか。
なので、TT生で五行論の占いをしてる先生に
日にちを調べてもらって
10月24日にしました。
オフの月曜です。

それで診断が決まれば、
とっちゃうんです。胆のう。
胆管も。
かわいそうです。
自分は何も悪くないのに、
人知れず、ムリをして、太くなって
なのにお役ごめんって。
ほんと、ごめんね。

そんな思いを、
まだ話したことはないけれど
聞いてくれそうな先生でよかった。
阿部ちゃん先生は、
今日あってもやっぱり
阿部寛似ではなかったけれど、
鼻が高くて、
横顔がギリシャ彫刻みたいではありました。

ふと、テルマエロマエ・・と思って
似てると思ったのだからぁとおもいました。
あはは!

検査が続くようになって、
コーヒーにミルクをいれるようになりました。
たまごもおいしく感じます。
薬膳的に共通の効能は、潤肺や潤腸。
栄養学的に共通の栄養素は、たんぱく質ですね。

わたしが緊張すると
内臓も筋肉も疲れるんだな。
よくないな!

検査が続くようになって、
からだを自分の子供みたいに
思う自分もいます。
ごめんねとか、ありがとうとかを
交互に感じます。


[PR]
by iiyo-ok | 2016-10-04 21:52 | からだのこと

e0172219_14491502.jpeg


来週講座でおじゃまするミンナミ食堂。
事務局のゆきちゃんが、撮ってくれた写真が
気に入ってます。


今日のおひる、行きたかったなー。
藤沢駅にもあったらいいのに!

まごわやさしいをはじめると、
外食でもサンドイッチとかより、
お米とお味噌汁とお魚を、
食べたくなるんですよね。

なかなかないもんです。
今のところ3件、
ミンナミさんと、薬膳フレンチのサクラと、
大戸屋、ですか。

昨日は薬膳フレンチだったから
安心。
からだもホッとしています。


さて。
からだのことです。

わたしの胆管がうまれつき太い、
というのがわかって、
手術して取り除くのが一般的、
というのもわかって、
日を置いて少しづつ、
不慣れな検査というものをしています。

この日は、
この間受けたMRIの画像をみながら、
ドクターの見解をきき、
帰りにCTという検査を受けました。

父の誕生日でもあったので、
早く帰って秋鮭のブロッコリーの
せいろ蒸しと、
冬瓜のスープを
つくってあげました。
でも父、食べず。(笑)
翌日たべてましたけどね。

専門のドクターは、
40代くらいのまじめそうで、
嘘のなさそうな、
阿部寛風のひと(笑)

その阿部ちゃん先生は
その道の専門らしくて、
彼の経験則での
総胆管拡張症のことを、
詳しく聞くことができました。
メモさせてもらいますね。

まず、これは先天性で、
見つかった時点ですぐに
胆のうと胆管をとる手術が必要なもので、
理由は、がんになってしまわないように、
だそう。

やるっきゃないらしいのですが、
とっちゃうなんて大丈夫なのかなと
思いませんか?

胆汁が出ないとか、
仕事できなくなるのではとか。
あるべきものをとってしまっていいのか、
よくわからないとしかいえません。

心配です、と正直に話すと、
胆汁を通す管をとるだけで
胆汁の生成は肝臓がやっているわけで、
油もふつうに食べられるし、
取り除いてもそれほど負担はないものであって、
個体差はありますが、
大丈夫なんですよ、と、
のんきです。阿部ちゃん先生。

また、
具体的に何をする手術かですが、
小腸と肝臓を直接つなぐのだそう。
図にかいてもらったら
とても見慣れたイラストでした。

世の中には意外と、
解剖学好きな女の人が多いようです。
わたしも大好き!

胆管のこともたのしく勉強してきたし、
薬膳とヨガを伝えることに
とっても役立ってくれました。

そんなわたしの浅い知識からいったらなのですが、
先生の話からいうと、
わたしのオッディの括約筋は、
これまで一度も
使われていなかったことになります。
ふつうは食事のたびに動くのに、
人生一度もです。
それは、かわいそうに感じました。
手術をしたら機能するのかな。
次回、聞いてみようと思います。


ここが胆管、
これが膵管、
これが膵臓、
これが肝臓、

なんどもなんどもマウスを動かしみせてくれる、
阿部ちゃん先生。

次の検査は前の日22時から
ごはんを食べないでくださいとのこと。

全部が初めてすぎて、
それ以上はもう
キャパシティオーバー!

帰りに、
CTという輪切りの写真をとる
検査を受けて帰りました。
いきなり注射もあって、涙しました。
えーん。。。

朝から何も食べちゃいけなかったので
終わってゆっくりお茶しました。
ミルクをいれたコーヒーが
美味しかったなー。

お昼ご飯もたべて
友達に終わったよーと
連絡しておきました。

深井家は、なんとなく
あまり病院慣れしていないメンツの
集まりで、
小さなことでも、
友達に話すと
そういうことだったんだ、と
わかったりする。

なので、
忙しいのに悪いなと思いながらも、
yを頼りにさせてもらってます。

アスクドクターというサイトは、
お医者さんに直接
オンラインで相談ができるんですね。
それも教えてもらって、
月額300円で登録しました。

わたしと同じ年代の女性は、
手術を迷っていて、
お医者さんの回答は、
阿部ちゃん先生とおんなじでした。
手術はやるっきゃないというのが
ふつうみたいです。

夜、たまたま電話がきたので、
弟にもはなしました。
ねえさん、胆管が生まれつき
ふといらしくってね・・と。

そしたらまさかの大爆笑。
なんでも笑いにする人だけど、
いくらなんでも大爆笑ってどうなのよーー!

しかし、大笑いしてスッキリもして(笑)

入院期間のことや費用のことを
調べておきました。
期間は2週間だったり、3週間だったり、
個人差があるようで、
費用はわからなかったけど、
そうだ、保険会社に電話しなきゃと
気付きました。

きょうの、阿部ちゃん先生の話の中で
印象的だったことば。

「お腹は切ったら引き返せない。
その前にできる検査は全部します」

お腹を切るって大変なことなんですね。

腹腔鏡のをしたことがあるのですが、
眠っている間に
最先端のことがなされて、
医療ってすごいと思ったっけ。

お腹を切る場合は
もっと大変だというのは
わかっているけれど、
どうですか、みなさんだったら?

わたしは、それが
やらなきゃならないことなら、
怖いポイントはもう
そこじゃなくなりそう。

内臓を取るとか、
がんのリスクとか、
それから、あとのことのほうが心配で、
じーっと考えてしまいます。

でも、気分ってすごいですよね。
自動でよくなる!

ふと見上げると光がきれいだったり、
葉っぱがいい香りだったり、
風はあまりに気持ちよい。

はあっと、♪(音符)の絵文字気分に
なって気づきます。
ああ、気分って、ずっと暗いままでは
いようとしないんだと。
ちゃんと変わってくれるんです、
然るべきときに。

もしわたしがたまたまそうなのだとしたら
その恵みに、からだのしくみに、
わたしはすごく救われています。

次の検査は、10日先。
阿部ちゃん先生に聞きたいことを、
リストにしておこうと思います。

あと、セカンドオピニオンです。
友人yは
「いまのうちに
セカンドオピニオンできますかって
よさそうな病院に電話で
問い合わせをしてみようよ」
と、提案。

せっかくできた時間だし、
そうだね、やっておこう!

[PR]
by iiyo-ok | 2016-09-13 20:47 | からだのこと

e0172219_13434176.jpeg

わーい、ヨガクラスで
ウェルカムリースをいただきました。
可愛い〜。。
手づくりっていいなあ。
いつかも書いたけれど、
大人になってから手作りが好きになって。
これは巡りのヨガにきてくれている
たからの窯の、なおみ先生より♪

さて、
先日から、からだの定点観測を
かかせてもらっています。

わたしの胆管は太い、
ということが、わかって2週間。

なんだか笑っちゃうけれど、
手術があたりまえだったり、
がんのリスクの話をきいてしまったりして
笑うどころじゃない。
とっても怖いです。

だけど、ヨガと薬膳を伝える場がくると、
楽しくなってしまうのです!

なんだろう、ヨガも薬膳も
好きでやっていることですが、
どちらも、
からだと向き合う世界のことで、
そこにまず、たまらなくワクワクするんです。

クラスだけでもないんですよ。
たとえば、友達に何か聞かれて、
これこれこうなんだよーと
雑談レベルで話すときにも、
心は踊ります。

伝えるってことが
やっぱり、わたしのお楽しみなんですね!
おかげさまで、基本は楽しくやってます♪

さて、検査はCTではなくて
胆管のところをしっかり見られる
特別なMRIででした。

画像をみられるのは、1週間後、
9月13日なので、
またその日付のところで書きますが、
MRI検査。

まだ22歳くらいの男の子たちの集団が
仕切ってました。

お肌ツルツルの彼が、

息をー吸ってー。
息を吐いてーー。

吐いてのところが早いよぉ
と、言いたいのをこらえて
10回くらいやったでしょうか。

声のうしろで、
ゴーンゴーンとすごい音がしていました。
病院ってやっぱり怖いよー。


[PR]
by iiyo-ok | 2016-09-07 21:02 | からだのこと

e0172219_15230219.jpeg

ちょっとからだのことを、
続けてかいていこうと思います。

わたしの胆管は、
太いのだそうです。
胆管拡張症といって、
うまれつきなんだそう。

このこと、先日の「解剖学ワンデイ」
に来てくださった方には、
肝臓のところでちょっと私ごとで
お話してしまったんですが、
びっくりしていたから
話しちゃったんですよ。

これって、一般的には、
気づいた時点で
手術で胆管と胆のうを
とるのだそうです。
赤ちゃんのうちに
今なら生まれる前からわかるものだそうで、
わたしは今わかったということです。

手術をするかしないか、
材料集めのための検査が
必要なんだそうです。

手術が一般的である理由は、
ほうっておくとガンにかかる確率が
高くなるからなんだそう。

このことを診断された人は
どっちをとるかみたいに
なってしまうみたいです。

でも、うまれつきそうなら、
これがわたしの運命ですよね。
手術だってしかたないですよね。
わたしの体の持って生まれた運命なんだもの。

47年間、きがつかなかったけど
からだはずーっと、
無理をさせられていたのかな。
ごめんね、わたしの胆管。
今もつらい?
それともそうでもない?
話をしたくてしかたないです。

今回、わたしはこのこと
ちょっと検診がてらで行った、
エコーの検査でわかりました。
診察のとき、その先生は、

「肝臓や胃や膵臓はなーんでもないんだけど、
これここ、胆管が太くなってるのがわかりましたよ」

といってました。

だけどほんとにそうなのかな?
きちんと見定めるには、
MRI、CT、胃カメラのようなもの、
入院してやる検査などなどがあるそう。

では、ということで、
CTの予約をして帰りましたが、
帰ってから、
ガン〜?と不安になったり、
お腹切るのかぁと思ったり、
今の医療なら大丈夫だな!と思ったり
落ち着きません。

友達に話しても
お互いにきいたこともない話で、
ポカーンでした。
お父さんには、びっくりさせるだけだし
まだいわないことにしました。

「あ、僕、ここの一番偉い人だから
なんかあったら僕の名前だしてねー」
って途中から急に優しくなったなー先生。(笑)

「胃もたれなんて、薬局にいけば
いろいろ教えてくれるでしょ?
薬だすけど、それじゃダメなの?
じゃあ検査しますかね・・
なんでもないと思いますよー?
人間ドック受けたらいいのに・・」

最初の反応はそんな感じでしたからね、先生?(笑)

でも、あそこでおれずに検査してよかった!

自分の直感で検査して、
からだの呼びかけに応えられて、
帰りはちょっと誇らしいのでした。

ヨガをはじめてから、
からだが、自分本人というよりは
もう一人の誰か、
友達の存在みたいに感じられます。

信じてあげると、喜ぶんですよ。
それってみなさんはどうですか
喜んでいるのが、心地よさという感覚で、
伝わってくるのです。
安心感がが胸に広がり、
とても気持ちがいいのです。

不思議だけど、
不思議でもないのかもしれませんね。
からだの声を聴くって
このことなのかもしれません。

からだを信じられているというだけで、
なにはなくとも、ワクワクする。
これは、ヨガをやっていてよかったことの
1つです。

ということで、総胆管拡張症。

もしお知り合いの方がご経験されていたら、
またそれの専門医の先生がいらしたら、
情報いただけたらうれしいです。

とりあえずここまでが、
この日付の日にあったこと!


[PR]
by iiyo-ok | 2016-08-25 23:22 | からだのこと