e0172219_12402555.jpeg


食材ってそれはそれは、
たくさんのヒミツをもっています。

たまにみかけますよね。
「胡麻はこんな、こんな、こんなパワーが!
おまけに美肌効果もあり」
のような文章。

あれがわたしは、胡散臭くて臭くて、
なににつけ、効果が多すぎる、
と、興味もありませんでした。
だけど薬膳のフタを開けて、
そういうことか!と納得しました。

あれは、効果多すぎません。
たぶん、本当にあります。
でも、全部はありません。

なんだか禅問答のようですが、
例えば、いま旬でおいしい梨でいうと、

「梨には喉の風邪を予防、お通じをよくする、
おまけに美肌効果もあり」

と書くことができます。それは薬膳辞典に、
「潤肺」じゅんぱい
「生津」せいしん
と、書かれていて意味がそうだからなのですが、

効能は、まだまだ他にもあるし、
もし全部書き出してしまったら、
それを見た人は、
梨は万病の薬、と言われたみたいな気がして、
胡散臭〜と、思うと思います。

でも大事なことを忘れてはなりません。
それは、食べる側の状態のこと。

食べ物の栄養は、
足りていないところにとっては「補給」となり、
足りているところにとっては「過剰」となる、
いうことなんです。

喉がイガイガしている日に梨をたべたら、
梨は活躍できるけど、
喉がなんともない日に梨をたべても、
梨は活躍しませんよね。

「わたしはお肌にきいた」
「お肌は大してわからないけどお通じはきた」
という、出方の差もあり得ます。

つまり、食材の効果って
食べるひとのからだの状態によって
異なるのです。
足りないところに、なのですよね。
栄養って、あくまでも。


みなさんが、
これからもし薬膳を始めて、
辞典をひらいて
なにこの数!これほんと?胡散臭〜!
と思ったら、思い出してください。

食材たちは、その力を、
もっていることは、もっています。
ただ、摂取する私たちが、
どんな体調で食べるかもあわせて、
その効能なんだということを。

あなたの梨は、
どんな流れの中での梨でしたか?
たまらなく食べたいときの梨でしたか?

e0172219_13191787.jpeg

…きのう、
6人の方がきてくださったのですが、
なぜか、そのことを何度も思いながら、
薬膳酒の講座をしていました。

わたしはこの方達の暮らしをしりません。
だけど、今日もちかえってもらう、
このお酒と食材たちが、
一人一人に対してちがう活躍のしかたを
するんだなと。

それはベストな判断で行われるはずで、
なんかそれってすごいなと。
わたしはみなさんの家族でもないのに、
ですよ?

…クラスにこられない方の
家族にもなれないので(笑)
昨夜のお酒のレシピと効能、
かいておきますね!


○ ○ ○
「梨と生姜と胡椒のワイン」

材料(500ml瓶):
白ワイン 350ml (パワーチャージする)
梨 1/3こ (喉の風邪を予防する)
生姜 5枚 (発汗力をつける)
粒胡椒 10粒 (お腹を温める)
柑橘蜜 大さじ4 ※以下参照 (喉の風邪を予防する)

作り方:
①梨は5ミリ厚、生姜は2ミリ厚にカットします。
②保存容器に梨、生姜をいれます。
③柑橘蜜の青ゆずやすだち、粒胡椒を入れます。
④白ワインを注ぎます。

メモ:
※冷蔵庫で保存し、翌日から美味しいです。
※早めに飲みきり、ワインをたしましょう。
※三回ほど足したら、食材を新しくしましょう。


e0172219_13173750.jpeg

e0172219_13175259.jpeg

e0172219_13181124.jpeg

○ ○ ○


♪ ♪ ♪
〜柑橘蜜をつくっておこう!〜

材料:
てんさい糖 レンゲ2
熱湯 1カップ
青ゆず または すだち 輪切り1こ分
生姜 うすぎり5枚

作り方:
①てんさい糖を熱湯で溶かします。
②冷めたらジャムの瓶などに入れます。
②青ゆずやすだち、生姜をつけこみます。

メモ:
※冷蔵庫で1週間以内に使いきりましょう。
※てんさい糖蜜という水飴状の市販品を使うこともできます。ちょっとお高めだけどそれなら長持ちするし、つくりやすいですね!


e0172219_12481883.jpeg

e0172219_12484268.jpeg

♪ ♪ ♪


蜜は朝、紅茶にいれて飲むのもオススメです。

喉が痛い日は、喉の痛いところを
通すようにして飲むのよ♪←お母さん気分?(笑)

e0172219_13190622.jpeg


[PR]
by iiyo-ok | 2016-10-06 12:39 | 薬膳酒づくり

e0172219_21115182.jpeg

e0172219_21170947.jpeg

e0172219_21172798.jpeg


ゆうべは薬膳酒づくり!
食べて飲んでの居酒屋講座です。

今月は、生姜とレモンのワイン漬け。
ジンジャーエールのようにピリッと辛みのきいた、爽やかなお酒ができましたよー。


○ ○ ○
<レシピ> 
1ℓ保存瓶の場合

*白ワイン 800ml
*生姜(生 皮付)1〜2mm厚 12枚
*レモン(天日干し 皮付)1〜2mm厚 10枚

◆甘みづけ用 パイナップル(乾燥) 5切れ
◆飾り用 アップルミント 適宜

e0172219_08302115.jpeg

e0172219_08310820.jpeg

e0172219_08313485.jpeg

e0172219_08320599.jpeg

○ ○ ○
生姜は、商店街の八百屋さんの量り売りでゲット。高知県産です。カラ咳や喉のイガイガ、あと毛穴を開いて汗をだす「発汗力」もつけてくれます。

レモンは、友達の実家産で、綿が薄くてジューシィ!こもった熱をとりさる効果があります。夏向けですが、肝臓が温まりすぎて眠いこの時期もまた、きくんですよ、レモン。

e0172219_08325652.jpeg

パイナップルは今回、甘さをプラスするための友情出演でした。夏に主役はります。

アップルミントは、ベランダから失敬〜。生姜と同じ八百屋さんで苗が売っています。

来月も楽しみです!

e0172219_00064584.jpeg







[PR]
by iiyo-ok | 2016-04-28 21:11 | 薬膳酒づくり

満月のセロリワイン。

 
e0172219_23182066.jpeg

今夜は満月ですね。

夕方、敷地内の桜が一気に咲きだしました。

クラスは3つありまして、海ヨガ、巡りのヨガ、薬膳酒づくり。今朝の海ヨガはしみました。昨夜、薬膳酒ではないふつうのワインをのんだら、二日酔いになってしまったんですよ。え〜?これからどうしよう?!

薬膳酒づくり、今月はごはんつきでした♪

メニューは、セロリのクミンみそ、ブロッコリーとサバのせいろ蒸し、水切り豆腐のセロリだれと、ひそかにすべてが3月の体調をととのえる薬膳です。混ぜるだけ、切るだけですけどね!

そこにさしいれを頂きまして、こんなに豊かな満月の食卓になりました…!

e0172219_23052506.jpeg
e0172219_23054671.jpeg

e0172219_23141050.jpeg

e0172219_23161225.jpeg
 
e0172219_01315753.jpeg


三つ葉餃子、さつまいものパン、大根の甘酢づけ、キンカン酒、梅酢…どれもおいしそうでしょう。本当においしかったです!ごちそうさまでした。

作った薬膳酒はこちら、セロリワインです!


e0172219_23220302.jpeg

e0172219_23005119.jpeg


材料は、セロリ、りんご、天日干しのグレープフルーツ、胡椒の4つ。セロリとりんごは、後からとりだしお料理に使えるように、大きくザクザク漬けます。

これも、すぐ飲めます!初めはサラダのようにフレッシュなのですが、3日目くらいからとろりとしてきます。肝臓と肺への効能があるので、春先の風邪予防にいいですね。

食べて、飲んで、たくさん笑った、満月の夜ごはん。
食べすぎちゃったけど、満月だからま、いっか!

e0172219_23182066.jpeg

e0172219_23184381.jpeg



[PR]
by iiyo-ok | 2016-03-23 22:53 | 薬膳酒づくり