カテゴリ:海外視察( 22 )

e0172219_21553586.jpg



メリークリスマス!

昨日、イブ・オブ・イブに友人たちとやった
プレゼント回しが楽しかったことを書きましたが、
23日からもりあがっておくと
クリスマスが長くて楽しいですね!

さて、写真は「大磯こたつみかん」
可愛いでしょう・・!

先日こちらに登場した、
ゆきちゃんじゅんちゃんのじゅんちゃんが、
「大磯こたつみかん」の収穫に携わっているそうで
もってきてくれました。無農薬です。

ああ!みかんってこの味だった!という
濃い味がして、赤ちゃんの手ほどに
ちいさいのです。ほんとに可愛い・・!

大磯こたつみかんのFacebookページはこちら!

藤沢の「MOKICHI クラフト ビア」という
熊沢酒造さんの直営レストランで
大磯こたつみかんを使った
「こたつみかんエール」という
ビールがいただけます。
(わたしはビールを飲むと
顔がパンパカパンにむくむので、
なかなか飲めないでいますが、
こちらではたまに飲んじゃう・・・
おいしいです!)

お店は茅ヶ崎にもありますよ。


さあ、今日はCulm Valleyに続くお話をかきます!

きのう市の議員さんと
ヘルスツーリズムのうちあわせをしました!

その方とは、4月のイギリス視察以来、
ああでもない、こうでもないと
代替医療のハコづくりを練っているのですが、
旅行に焦点をしぼって話したのは初めてのこと。

これは勢いがあります!
受けとる人と発信する人、
両方が楽しいから!

春までには形にできそうなので、
楽しみにしていてくださいね。

それで、話しながら、
思い出したことがありました。
11月の鵠沼のやかたオープンのころに、
父が言ったこと。

初めて拠点をもって
弱気になってぐちをいったら、

「あの道場は(道場と呼んでます父)
薬膳ヨガを学びたい人たちが、
しっかり学べる環境をつくれたらそれでいいけど、
あとひとつ、あー楽しかったー来てよかったー
って、帰れるようなものがあると、
最高なんじゃないの、なんかないの」
と。

それならおとうさん!
と、わたしはいきりたちました。

「それなら、海ヨガ&鵠沼海岸商店街
おいしいお店巡りはどうかな!
それかとか、行ったら健康になれる
旅行もどうかな!」

妄想を次々とはなし、
盛り上がったのでした。
(盛り上がったのは主にわたしですが)

妄想が形になるときって、ワクワクします!
自分がすごくわくわくしていて、
周りの人もワクワクしてる!

昨日の議員さんもワクワクしていました!

そのあと湘南リビングの人とお会いしたので
話してみたらやっぱり、
ワクワクしていました!

実はTTの中では、すでにワクワク!

来年もたのしくなりそうです!

みなさま楽しいクリスマスを!



e0172219_2285556.jpg

[PR]
by iiyo-ok | 2015-12-25 07:30 | 海外視察

e0172219_9332662.jpg




Culm Valleyへ!「未病サミットのこと(1)からくりづくり」
投稿日 : 2015/11/28 | カテゴリー : 海外視察




みなさん、おはようございます!
今朝はきりっと気持ちがいいですね〜。
空気が冷たいと、なにかきれいな感じがしますね。
事務かたをおてつだいしてくれている方と、
朝、そんなやりとりをしていました。
吐く息を白くして、モコモコ着込んで、
バスを待つのってどこか楽しいです。

ところで昨日、ブログ、1回しかかけませんでしたー。
しかもタッチしてすぐダッシュのような、
缶けりみたいな書き方でスミマセン。

そのときちらっと書いた未病サミットの記事、
冒頭の写真です!

神奈川県発信なんですよ。
黒岩県知事の取り組んでいるもので、
民間の代替医療を頼りつつ、
自分で治す概念を浸透させ、
それを未来のこどもたちにとっての
あたりまえにしていこう、
というようなとりくみです。

民間のすべての団体が
直接なにか依頼されるわけではないのですが、
「メンバー登録してください。
登録した団体はいざというときに県に情報を提供してください!」
というスタンスで、
登録申請書みたいなものがHPに掲載されて
誰でもダウンロード、登録が
できるようになっています。

今回のサミットの内容は
セクションが4つにわかれていますが、
レードルと薬膳ヨガのやっていること、
どれにあてはまるのかなーとみてみると、
その内の3つに散らばっていました。

1つはセッション4
システムづくりに関する提起。
タイトルは、
「新たなヘルスケアシステムの構築にむけて」

いいですね。
こうしたサミットって、どうしても、
企業が協賛してやっていくものなので、
新商品の見本市にしか見えないってことがあるのです。
無論、最新機器の開発はそりゃ大切なことですから、
それはそれで必要でしょう。
でもなにかわたしは、今あるものの
くみあわせ直しで、
もっと助かるからくりができるんじゃないだろうかと
常々思います。
だって周りをみていると、代替医療があまりにもふつうに
効果が有効で、
(たとえばまきこ先生のアロママッサージで風邪治ったとか、
うちの父が青竹踏みで腰痛が治ったとか)
今あるものにどうしたって、興味があるのです。

わたしたち薬膳ヨガのヨガも、薬膳も、
そんなふうに、実際に効果や変化が感じられるようにと、
内容にこだわっています。
それを社会に広げていくお仕事をしているのが、
レードルという会社なのです。
レードルはつまり、セッション4的な立ち位置で、
ちっさくがんばってるってことになりますね!
サミット呼ばれてませんけどね!

後もう2つ、食と運動、
人の育成とエビデンス
のくだり、
ふむふむ、いいですねえ。いいですねえ。

じかんになってしまったので、また後ほど!
混ぜるだけ薬膳、いってきます。

ご参加のみなさん、アツアツごちそうお楽しみに・・・!
[PR]
by iiyo-ok | 2015-11-28 09:34 | 海外視察

e0172219_12100854.jpeg


e0172219_12103279.jpeg


e0172219_12105780.jpeg

左腕の付け根に、湿布を貼っています。

昨日、起きたら全身筋肉痛だったのです。
肩があがらない。
縁石に躓いて転んだからです、おととい。
転ぶとは、
こんなにも筋肉を酷使するものなんですね?
転んだとき、
すごく痛かったし、ほんとにびっくりしました。

筋肉の痛み。
ひしひしと受け止めつつ、
昨日は銀行に、鵠沼の拠点のこと、
そしてレードル2年たちましたの報告を
しにいきました!

支店長さんは、先日こちらにかいた、
月一の朝のお勉強会メンバーなので、
あの(大変申し訳なかった)鵠沼来訪に
ご参加でしたが、
Tさんにはまだ報告してなかったのです。

何かあるとお電話をいただいたり、
話しにいったりの代わり番こが
続いているその方は、
名刺を見る限り、役職の高い方です。
が同じ年でちょっとヤンチャな
お話好きの感じが、私には癒しの存在。
きのうも、
あっちこっち脱線しながら
Tさんに仕事をさせないわたし。
しかしTさんも、
アイデアがあふれて互いに喋り倒した感じ。
ま、いい加減お腹がすいておいとましましたが。

話していたのはこの間ここに書いた、
バーンロムサイが体現している、
背景に暖かなストーリーのある
デザインのことなのです。

Tさんも空間やもちものに、
相当のこだわりがおありなようで
「ふかいさん、
もうそのまんまのふかいさんでいいんですよ。
相手が企業だってクラスの女性だって同じです。
ふかいさんの相手は女性なんですよ。
ふかいさんが思うデザインでいいんです。」
といいました。
これがきのうの啓示。

この方は、わかるまでは黙って
ジーッと話を聞いて
お腹に落ちるまで聞くしかしません。
が、突然何かが降りてきたみたいに
モーレツ何か言い切るのが常です。
その流れが、信頼しやすい。
そうなるかどうかはわからないこの感じが
わたしはだんぜん、嫌いじゃありません。


また、これもこのあいだ
こちらにだけ書きましたが、
(なんだかんだこのブログに一番打ち明けています)
ボランティアの要素のあるビジネスのこと。
わたしはそのほうが
人もお金も集まってくるみたいということ。

別にそう話したわけではないんですが、
銀行員のTさんもうっかり
巻き込まれかけていました。
すごい、イイなと。
「ボランティア無償ですよね。帰ったあと疲れませんか?」
というので、
「やりすぎて不安になったときがありました。
でもそれ自体はむしろ元気もらえてます」
と話しました。
やりすぎると不安になるから、
月に二度ときめているのは、そのため。
でも億万長者になったら毎日でもやりたいくらい
キラキラする風景だと
話しました!

うっかりひきこまれそうになり、
いや、と頭を横に振り、
「それは、やっぱりちょっとでもお金にして欲しいな」
と、ぽつり。

僕らお金を扱うものとしては、と
お金なしでいいみたいなこといわれちゃうと、
さみしい、というような目を
していました。
そうじゃないんですよ、Tさん、
全然そうじゃないんです。

どこか可笑しくなりながら
わたしはとっても、幸せな気持ちでした。

むかし、よく知らない人から
「お誕生日おめでとうございます!!」
とかfacebookでいわれるとわびしかった。

でも今、わたしのお知り合いは、
本当のお知り合いです!

きづいたら応援してしまう、
気付いたら応援してくれている、
そんな人たちとだけのネットワークだけです。
数は少ないけど、
すごく肩の荷がおりたような心地。身軽!
それがとても幸せなことだと
自分が一番わかっています。

夜は、バーンロムサイのデザイナーあやかさんと
みき店長と、
極上のピッツァをたべにいきました。
こちら、極上です。極上です!
エントランスで、
海外の匂いがしたところから極上!

私の訪れた中でしかないですが、
イギリスじゃなく、もっと、
海に近いところにいったときの、
エクスアンプロヴァンスか、
スペインのグラナダか、
ギリシャのサントリーニ島の初日に、
夜にでかけたレストランの匂いがしました。

ま、こちらイタリアのレストランですから、
わたしが行ったことないから、
匂いがわからないだけですね、きっと。
本当は本場イタリアの匂いが
していたのに違いありません。

あやかさんは、
このあいだ書いた、
バーンロムサイのおしゃれさの背景にある
あたたかなストーリー、
つまり、チェンマイのこどもたちの描く、
清らかでピュアなイラストに、
アイデアをたし、
おしゃれなものへと変換して、
わたしたちに届ける役割を、
になっている人のひとりです。

奇遇にも
わたしがいいなと思って集めていたイラストの
作者でした。
(こんなときはこのくらいの偶然、じゃんじゃか起こる)

独身3人、勢いづいて
じゃんじゃん飲んで、食べました!
レードルのミッションをイラストで企業にむけて
伝えるのに、
彼女の力を借りてみようと思います。
オープンアトリエの日に、
なにかしらお配りできるよう
進めることになりました。

楽しみです!!

e0172219_15280182.jpeg


かえりぎわ、エントランス脇に置かれていた
オリーブの鉢植えに、
沸き立った心が鎮まる。
あれ。
オリーブは潤肺の効能がありますが、
安神や沈静といった効能はないはず。
なぜでしょうか。
やっぱり、憂いの秋だってことでしょうか。

楽しくて、せつなくて、
乙女度の高い潤いの夜。
でも帰ったらふつうに、
グウスカと眠っていましたねー。
そんなもんですハイ。




[PR]
by iiyo-ok | 2015-11-18 15:13 | 海外視察

e0172219_20382891.jpg



そういえば、今年の健康診断で、また少し背が伸びていました。

ヨガを始めて8年間、曲がっていた背骨が整うのか、
毎年ちょっとづつ伸びつづけています。
今回は接骨院で背骨矯正をしてもらっているせいかもしれません。

接骨院での背骨矯正は、一つのヨガばかりやったり
パソコンをずっとへんな姿勢でやったりして、
後ろを向けないくらい肩甲骨が痛くなると、
「やりましょう」
となります。

矯正の手順はこうです。
先生が背後にまわり、膝が背にあてがわれ、
首のうしろで手を組んだ姿勢のまま
ぐっと後ろに反る。

この一瞬を終えると、夜にはうしろはもちろん、
天井もさっと仰げます。
ヨガはやりやすく、何よりも歩いていて姿勢よくいられているな、
というのがわかります。先生が
「やりましょう」
と言うと、内心ヤッホー!という感じです。

ちなみに矯正は1回、800円です。
お会計のときには、大体いつも
「保険内400円と、背骨の矯正が800円です」
と言われ、毎回1000円前後をお支払いします。
背骨矯正は保険がきいていないのかな?
それだとしても、気楽な価格の治療には違いありません。
知らなかった世界でした。
この効き目でこの値段、接骨院ってなんなのでしょうか・・!

先日、医療費削減のことをチョッと書きましたが、
接骨院は保険が適用されますから、
行くたびまさにその「医療費」を使っていることになります。

わたしは国民健康保険加入者で、3割負担ですから、
私の負担が400円のとき、国の負担は約933円。
この1週間の集中治療で、6,351円を使わせてもらったことになります。

これからはクラスのあとにできるだけ行こうかなと思うのですが、
そうなると月に大体1万5千円くらいだとして、
わたしは医療費を年間18万円、使うことになります。

こうしてみてみると、接骨院にいくのは、
「保険が効く」からお得な反面、
削減が叫ばれている医療費を、
膨らませることにほかなりません。

じゃあ接骨院でからだをメンテナンスするって、NGなのでしょうか?
もし今後ヨガにも保険が適用になったら、
ここぞとばかりに毎日通うのって、いけないことなのでしょうか?

答えは、ノーです。

なぜなら、一人一人がしっかりメンテナンスをすることでしか、
目に見える削減はできないことが明らかになっているからです。

数年前、「医療費1年で3.9%増」
という記事が新聞の1面に載った日がありました。
2011年日経記事

3.9%の内訳は、介護費が1.6%、高額医療は2.3%。
数字をおしあげているのは、
高齢化に伴うお年寄りの通院が増えたこと以上に、
大きな病気の治療にかかる、費用だったのです。

大きな病気になる前に、からだはちゃんとサインを出しています。
いわゆる「未病」です。

わたしの肩甲骨痛も未病。
クラスでいつも話題になる、冷え症、頭痛、腰痛、肩こり、
今の時期のちょっとした空咳、喉痛、
iPhoneとラブラブすぎてなる、姿勢が悪い、というのも広義でいえば
未病です。

「未病」は東洋医学的な見地でいえば、
「自分で治せる病の前の段階の症状」ですから、
医療費削減についてわたしたちができるのは、
保険証を使わないことではなく、
未病をその都度治す習慣をつけること。
つまり、メンテナンスです。

医療費削減について私たちができることは、
塵も積もれば山となるし、継続は力なりなので、
一人一人が、メンテナンス習慣をつけることなんですね。
これって国のための前に、自分のためだなあと思うのです。

だとしたらやっぱり、いやでもメンテをしてしまうくらいの
”環境”がどの町にもあるといいですね。

だって、メンテナンスが大事だと知らない人なんていません。
みんな、わかってるけど二の足を踏んでいる人がほとんどです。
忙しいとか、時間がないとか、お金が続かないとか、
どこに行けばいいかわからないとか。

仮にそれが、”からだメンテナンス環境”が整っていないということなら
忙しくてもできて、お金がかからなくて、
行く場所が明確にされている、ようになればいいんだと思うのです。
たとえば、

(1)気づいたら毎日メンテナンスできている(方法)
(2)気づいたら毎日からだが楽(結果)

という風に、
(1)の方法で、(2)の結果になるようにというイメージ。
無意識に毎日やれるものでも、
それでからだが楽にならなければ意味がないし、
気づいたらからだが楽なのがずっと続いたら、
その方法は正解だということ。

2年前、大騒ぎして会社まで立ち上げてしまったのは、
(2)のような日本をみたかったからです。
クラスで、一人づつのからだがそうなるみたいに、
社会でも、一人づつのからだがそうなったらいいなあと思って。
ただそう思っただけなのに、
なんだか大きなことになってしまったよ、と思う時もあります。
わたしにできるのかなこれ、と。

でも、何度思い直しても、やはりシンプルな話なのです。
あって当たり前なのに、ないならそうなるようにしなくっちゃ、
って気持ちでしかないんですよ。

とはいえ、とりかかってみるとこれは、
クラスをやるのとは違う、数々の能力が必要で、
それを知るだけで、2年がすぎてしまいました。
でも、2年3年、かかってあたりまえかもしれませんよね!
種まき3年っていいますから。(そうだっけ)

さて、ごほうびヨガにいってきます。
クラスは、それが実際にできているという手応えが感じられる
唯一の場所です。
種ばかりじゃない、ほんとにやってるんだ、と思える、
最高の場所です。

いってきまーす!
[PR]
by iiyo-ok | 2015-10-14 09:15 | 海外視察

昨日は、兼ねてから予定していたふくらはぎ車検の初日。
しかし、治療にいけずでした。
(治療院が駅から離れているのですね。10分たりませんでした)


今日からは無事、メンテナンスに専念できています。
ま、途中海ヨガとボランティアはあるのですが、
それでもこれでかなりよくなるだろうという先生のお話です。よかった・・!

さて、昨夜は藤沢市内の異業種メンバーが集い、
定例ミーティングがありました。
このメンバーで、健康発信のとりくみをしようとしています。

チームの人たちは皆、イギリスでみてきた「Culm Valley」がきっかけで、
出会ったり、再会したりした人たちです。
みたことの感動を、要点を言葉にして人に伝えていたら、
その人その人からみた、わたしの知らない「Culm Valley」がでてきて、
徐々に日本の「Culm Valley」の姿が、見えてきたのです。

健康はみんな大好きですから、ただ話していたら、まとまりはしません。
諸々想いは交錯するし、ゴールは一つではないことも知ることになりますが、
その中でひとつ、インターネットのしくみづくりに乗り出すことにしました。

人々を健康へといざなう”存在”づくりです。
それはまた、クラスをやっていたら会えない人に会う方法でもあります。

たとえば、クラスとか講座は「そこに来てくれた人」に安心や希望を伝える
とても優れたしくみですが、
あくまでも、興味をもって足を運んでくれる人が対象です。

企業ヨガは「クラスには来ないはずの人」にもきっかけを届けられるので、
クラスに足を運ばない人も対象になります。
(ヨガスタジオから独立をした理由が「外に出かけて届けなければ」
と思ったのがきっかけだったので、わたしがやりたいのはそこなんでしょうね)

そして今回の、インターネットです。

これは誰に届くためのしくみでしょうか。
企業ヨガを1社だけやっていても、会えない人に、です。

オフィスに出張して、10分ストレッチをする先が100社に増えたときには、
相当な数の「健康に対してあんまりなにかできないでいる人」に、
元気になるきっかけを届けられているということになります。
去年一年は、1社を100社にするにはどうしたらいいかばかり考えていました。

(たとえば、無償でやるとか・・・それなら100社はかんたんです)
(でなければ、飛び込み営業を繰り返して繰り返して繰り返すとか・・・
これは大変だけど、やるほど説明の精度はあがるので、理論的には
やれないことではないはずです)(心は折れそうだけど)

でも、それでは何か違うのです。
その方法では、Ladleの歴史にしかなりません。

企業ヨガに代表される、いやでもやってしまう健康づくりは、
皆にとっていいものだから初めてそうなるのであって、
辺り全体がそのムードになるのがいいのです。
Culm Valleyに習うものをつくるなら、
健康の歴史を変えるようなやり方がふさわしいのです。
わたしはムーブメントをつくりたいのだと気づきました。

今年に入り、足の向ける先を変えて見ることにしました
それはイギリスだったり、商工会議所だったり、市役所だったり、
試行錯誤をしながらです。

導入する企業を100社見つけるのではなく、
社会の流れがそうだから100社が導入する、という考え方です。

うちと某企業の、1対1のお見合いではなく、
健康業界全体と、日本の企業全体の、
あるだけ全部同士のお見合いです。

出かけるなら、それができる人がいるところにいき、
出かけた先で、そのことを話して手応えを確認していると、
座っているだけじゃ気づけない、リアルな声が聞こえてきます。
それこそが、”あって当たり前のもの”です。

考えてみると、あって当たり前のものっていうのは、
とても良く人の気持ちに応えていますよね。
パソコンとか、携帯電話とか、ヨガもそうだけど、
人によりそう良さがあるから、未来永劫慕われるのです。

ならば企業ヨガも、同じです。
わかりやすく、手に取りやすく、
使ったら使っただけの良さがあるものであれば、
ずっとそこからぶれなければ、説得ではなく、自然な形で、
人々を助け、ないと困るものになっていくのでしょう。


むかし、まだ駆け出しの頃、
わたしのヨガはこんなに体が楽になるのに、
1週間に10人もやってもらえていない、というのが不満で、
もう少しお金が安ければ、もっと誰でもできると、
ヨガも薬膳も(アロマも、整体も、刺繍教室も、編み物教室も)
保険がきくといいんだ、と思いつきました。
会社のミッションにも掲げ、ずっとそこを目指してきました。

でも、医療費削減の問題をひとたび掘り下げたら、
それが一番大事なことではないと思うようになりました。

ヨガに保険をきかせたいわけじゃない。
体が楽になるものを、欲しい人が何の苦もなく手に取れるようにしたいのです。
本質は、保険の改革じゃないし、法律を変えたいわけでもありません。
要は、届けばいいのです。

クラスを開いたら、スタジオでは会えない人に会えて、
企業ヨガをしたら、クラスで会えなかった人に会えました。
インターネットを導入すれば、企業ヨガでも会えなかった人に会えるでしょう。
その次はきっと、インターネットでも会えなかった人に会いたくなるはずです。
終わりがないみたいですね。

でも終わりはあります。
良質な健康を、安定して供給できる日まで。
それが毎日一人残らずに届くからくりが、できるまでやるのだと思います。

さーて。
打ち合わせにいってきます。
今日は女の子と二人だから、キャッキャ!
[PR]
by iiyo-ok | 2015-10-07 18:41 | 海外視察

(昨日の記事のつづきです)

大学と関わりをもつことは、とてもうれしくてありがたいことです。
できることなら、これからどんどんタッグを組みたい先の一つです。

なぜならヨガにも薬膳にも、アロマにも整体にも、
星を見上げることにもお料理を作ることにも、
はっきりと、元気になれる効果がありますよね。
でもそれを、数字や理論で表しておくと伝わりやすいシーンというのが
世の中にはとても多いのです。
それをしてもらえる、というのは思いのほか貴重なことなのです。
体験して、あ、なんかすっきりしてる、頭痛治った、
と思ったらそれでいいようなものなのにね。

でもそういうつもりで言葉を探してみると、
なるほど、これはそういう言い方をすればいいんだ、という発見祭り。
自分の脳にも、わかりやすいのでした。
感覚とは別に、言葉での理解。言語での表現。
これをするのも、わたしたち健康を預かる人の大事なミッションなんですね。
考えてみたらヨガも、言葉で語ることをしていますからね。

また、ある企画について、相談にも乗っていただきました。
意見をいただく。これは、1人では思いつかないようなアイデアがうまれ、
とても勉強になる作業です。
健康ツールを手に取りやすく並べておくために、いろいろな方法があって、
そのどれもが、まだどこにもないものかもしれません。
もしかしたら、すでにとてもいいものがあるのに運用がされていないかもしれません。
隠れているニーズは、掘り出してみないと、あるかどうかわからないわけです。
冒険みたいですね。

イギリスでみてきた、culm vallyはワクワクして、まさに冒険のようでした。
理想の世界が目の前にある。でも、それをもうひとつ、日本という場所に
そっくりそのまま移築はできない。
したところで、それをそのまま欲しい人はいないのです。
わたしたちがすむ日本にだからほしい、しくみ、形式、スタイル。
そういったものに、沿って始めて、「そうそう、こういうのがほしかったんだ!」
と思ってもらえるのだと思います。

おしゃれで楽しいメディカルの世界、早く見たいです!
日を追うごとに、これは個々にできることではないんだな、
大きな波に成っていくことなのだな、そうしていったらいいことなんだなと感じます。

わあ!と感動するような方向性がみえるときがあります。
それは、人の暖かい言葉だったり、優しい労いだったり、
みていてくれているんだなあという感動だったり、もう、いろいろ・・・!

それが今登っているはしごの一段一段なので、なにもざわつきがありません。
きっと大丈夫、と、いつも、なんとなく、とくに根拠もなく思いこんでいます。
このおめでたい性格。両親どちらゆずりなのか。
でも、それがあるからこんなに平気でどこへでもいけるのではないかと思います。

…と、昨日の記事の加筆でした。

と、いうわけで、夕方までTTのカリキュラム。いってきました!
このレポートはまたあした。とっても楽しい一日でした。
[PR]
by iiyo-ok | 2015-09-20 19:56 | 海外視察

e0172219_17115209.jpg

 さっき、秋の空がしみじみときれいでした。
 豪雨のあとだからでしょうか?

 昨夜の雨は、本当にすごかったですよね。
 わたしの住む湘南地区では津波警報がなって、 それも、あちこちの民家から携帯の警報音が一斉に鳴る、
という非常事態ムードになりました。 

あんなに大きな雨の音も、久しぶりにきいたし、
 本当に怖かったなと思いながら、
ふと空をみあげたら、 
カラスがカーカー、黒い点々を連ねながら、
山向こうに消えていきました。 

いつもはあまり気に留めないカラスに、
今日はホッとさせられました。
 みなさんの住む町は無事ですか? 
小さなお子さんたちは怖がらなかったでしょうか?

 さて、久しぶりのブログです! 

今週は、たまたま出かける先が遠いところばかりで、
 移動の時間がたっぷりあります。
が、寝てばかりいます。 

起きたら着いてて慌てておりる、を繰り返していますが、 
毎日は、とても刺激的です!

昨日と今日は、某W大と某K大にいきました。

 いいお話がきけ、意見をもらい、 
1人ではできないアイデアがうまれ、 
とても勉強になりました。

 なんのアイデアかといったら、すべては、 手に取りやすい健康ツールについて。

イギリスでみてきたculm vallyにつながる、
おしゃれで楽しいメディカルの道です。 

日を追うごとに、
これは個々にできることじよなく、
大きな波に成っていくことなのだと感じます。 

みんなでやるから、わあ!と感動するような方向性がみえるときがあって、
今日もそんなことが、楽しくてたまらないのでした。

そして、不思議とざわつきがありません。
 きっと大丈夫! 
となんの根拠もなく思っています。
このおめでたい性格は、両親どちらゆずりなのか。
すごく助かっています。

ニクバナレの接骨院も通っています。
 昨日、急に違和感がなくなって、かばわないでも歩けるようになりました。 

さあ、ラジオにいってきます。 
今日は星のかわい先生と星ヨガのお話をします。

警報で休講になってしまった 星ヨガのかわりに、ぜひ聴いてくださいね! 

[PR]
by iiyo-ok | 2015-09-18 17:11 | 海外視察

納得いくまで休むからご安心を、と声をかけておいたら、
今日はウズウズしてるわたしの体。じっとしていられないとのこと。
えらいぞ、体、ありがとう、体!!

というわけで、朝から絶好調のからだを携え、
今週これ一つだけのセミナーにいってきます。

イギリスから帰ってから、わたしはセミナーを頼りにしています。

人の口から、生、つまりライブで話をきけるというのが、
今のわたしにとっては、本よりよいのだと思います。
セミナーがそのあと誰かの役に立った場面も少なくありません。
知らなかった専門用語を聞いたり見たり、
自分の人生にはない実体験をきいたりして、
知識が頭に入りやすいのかもしれませんね。

知っていると、その人の求めることをしてあげられやすい。
知らないままじゃ、わたしにできることができないのです。
そんなの切ないと思うと、セミナーに感謝です。

セミナーは大抵その他大勢として拝聴、という形なので、
インスピレーションも自由に遊ばせておけるので、
次どうしようかをきめる、一人会議でもあります。

OL時代はセミナーほど退屈なものはなかったのだけれど。
それだけやりたいことだって思うと、嬉しいし、ありがたくて、
心がしゃん!とします。

ちなみに今日聴くのはこれ!
「健康経営導入支援セミナー」
http://ac.nikkeibp.co.jp/vs/k0904tokyo/

対象は、健康経営をやろうと思っている会社。
登壇するのも、一般の企業です。健康のプロじゃありません。

つまり今日のは、「企業ヨガ」や「代替医療のネットワーク」の受け取り手の集まりです。

まず、この面々をズラっと見渡すのが楽しみ。
未来のお客様かもしれませんからね!
今日は、彼らの話す言葉をきいてこようと思います。
その方達がみている、未来の風景をみるのです。
そしたら今できることがすーっとみえてくるはずです。

妄想もします。
うちの健康経営として薬膳とヨガについて、今日わたしもここで
話すことになっている、という想定で会場を見渡すんですね。(バカ)
こんなきれいで立派な会場で、500人も集まってもらって、
集まった人のいちばん求めるものを、とりだして話すわたし。
はやくそんな日が来ますように!!

では、いってきまーす。
[PR]
by iiyo-ok | 2015-09-04 13:17 | 海外視察



e0172219_14445796.jpg


e0172219_14444831.jpg



→「薬師台メディカルテラス」

なんと、町田のはずれに、日本版Culm Valleyがありました。

4月に訪ねたイギリスの代替医療の病院「Culm Valley」は、
1つの建物の中に、
内科や整形外科といった西洋医学と、
整骨や整体や鍼灸といった東洋医学が
包括された病院。
それの日本版がある、と聞いて、早速訪問してみました。

といっても、今回の訪問は個人的な事情からでした。

父の腰痛が、本当に悪化してしまい、
ついに、通っていた整体にも行けなくなってしまったのです、とほほ。
痛みと筋力の低下で、生まれたての子馬のように歩きがおぼつかなくなり、
この夏、2度、転びました。

ヒザッコゾウの絆創膏を張り替えながら、
「まったく情けねえなあ」
とぼやきつつ、前向きな父ヒサシなので出かけようとします。が、
「自分がいつ転ぶかわからない」
という恐怖が拭えないようで、
弟と相談し、急きょ整体での治療を白紙に戻し、
次の方法を考えることにしました。

そんな折、仕事先でいつものように健康経営を熱く語っていたら、
「そういえば、深井さんがイギリスで見てきたやつみたいなのがあったんですよ」
と、教えてくださった方がありました。

その方の理解の深さに、改めて感謝です。
というのも、たまに、
「整形外科と内科と皮膚科が一緒になっているクリニックビルがありましたよ」
というようなご連絡をくださる方があるのです。

それも大変いいのですが、
わたしがイギリスくんだりまでいってみてきたものは、
整形外科、内科、歯科、皮膚科などの診察室に、さらに、
整骨.鍼灸.アロマ.フードセラピーなどの診察室が備わっている病院であり、
そのしくみづくりのノウハウです。

薬師台メディカルテラスは「それが形に」なっていました。

帰国してからこっち、「それが形に」なるには何をしたらいいかを、
なんだかんだやっていますが、
(こちらでたびたび投稿している「健康経営「や「企業ヨガ」もその一つです)
(※1 ページの終わりに説明をかきました)

「それが形に」というの、
皆様も是非イメージしてみてください。
こんなのあったらどうでしょうか?


【西洋×東洋の医療モールイメージ】

⑴東洋医学と西洋医学が同じハコの中にはいっている
(1つ決めたらそこで他の治療法もためせる)

⑵西洋ドクターの指示で東洋の施術を受けられる。できれば健康保険適用。
(一か八か選ばないとならない負担から開放される)

⑶きれいで、おしゃれで、居心地がいい。
(行くといいことがありそう、ここならしばらく通ってもいい、行くたび若返るような気がするといった、メンタル面での追い風が受けられる)



⑴は、必ずしも建物でなくてもよくて、
この場合のハコとは、治療の一覧が一箇所から見渡せて、自由に行き来ができるしくみ、みたいな意味です。


⑶の、明るくてきれいということは、本来一番に挙げたいくらいに大事だと感じます。
いくら名治療院であっても、
本人が行きたいと思うところでしか、治療ははじまらないですもんね。

※深井家がとくにかもしれませんが、
「近くて、きれいで、痛いことしない」
が、弟と私が自分でネットで歯医者さんを調べたときの条件でした。


⑵は、プロと相談の上、いろいろな治療をお試しができるということです。
父が漏らす本音の中に「たらいまわしがつらい」「すぐにやめたら申し訳ない」
というのがあって、
私たちの親の世代は「治らなそうならハイ次」ということが、
義理人情的にやりくく、ストレスになってしまうようなのです。

かといって、自分でネットで情報を探し、自分の症状には整形外科がいい、整骨がいい
と、判断するのはむずかしいですよね。
口コミという方法も根付いてきていますが、高齢者には至難の技です。 

※その点は、イギリスの保険制度が、いいなと思います。GPというかかりつけ医が、住所できめられていて、何科の症状でも市民はまずそこに行くし、治療法をドクターが判断してくれます。


薬師台メディカルテラスは、⑴⑵⑶の要素を備えていて、
患者さんたちは先生がたに守られほっこりしていて、
イギリスでみた風景を思いだしました。

話をしたら父にも好感触感でしたが、
なにせ、遠かった。車で1時間半です。
近いことは大事だと、こちらの接骨院院長の野口先生も、おっしゃるのでした。

私たちが藤沢在住だと明かすと、 
「なにゆえに町田まで‼︎」
と驚かれていましたが、
こういうのがないんですと、
いま父がいくべきなのが整形外科なのか整骨なのかわからないから、
こちらに来たのですと、
本音を打ち明けたら、大層親身になってくださいました。

東洋医学と西洋医学を、モールスタイルで同じ建物に中に入れた理由を伺うと、
「両方のいいこどりで治したいから。連携もしています」
とのこと。
すばらしい。そこなんですよね。

さらに、こちらは接骨院なので、東洋医学部分にも保険が適用され、
一度の受診が数百円からのようでした。
近所の方は毎日か、少なくとも週二回は、通い、
痛みの緩和、治癒の実績も、多数あるようでした。

町田駅からバスで20分はかかろうかという
駅遠エリア。
不便な地域だからこそ、喜ばれるのです。
近所にあれば、父は毎日行くと思います。

若くて可愛い、リハビリ先生がいたら、
更によしです。
天皇の料理番のトシコとか、
ホンダツバサちゃんとか、AKBとか、
一生懸命で可愛い若い子に、父は日々すっごく励まされているので(それもどうかと思うのですが)、
ヤングな先生たちに深井さーんなんていわれたら、毎日が奇跡でいっぱいです!

西洋×東洋の医療モール。
地元にもほしいと思いました。

今回ここを教えてくださったかたは、
お盆に奥さんの実家に行って、前を通り、
あれ?と気に留めて下さったそうです。
ありがたいです。
お話はしておくものだと思いました、お仕事が直接関係のない方でも。

また、あちこちで雑談してみます。
進捗を報告しますね!




※1 「健康経営」「企業ヨガ」とは?

健康経営は「社員の健康を促す福利厚生を取り入れることで生産性を向上させる」という、最近の経営の風潮、考え方です。

企業ヨガは、うちが産業医の先生たちと取り組んでいる福利厚生です。オフィスを巡回してストレッチをご指導するので、巡回ストレッチ、ともいいます。

今日描いた代替医療モールとどう関係があるかというと、利用者の人数のところ。
会社ごとにパイプを渡せれば、
恩恵を受ける人の数は桁違いに底上げされますよね。
一人一人の個人利用と並行して、
一社一社の会社利用も促すこともやっとこう。

並行して準備する理由はそこなんです016.gif


さて、あしたはいよいよ海ヨガバーベキュー満月ナイトです!
月が満ちるのは今夜3時。今、きれいに光りだしました。

スタッフたちのLINEのごはんミーティングがすごかったので、
参加のみなさま、お食事、期待ですよ〜。
まずは、今宵素敵な満月第一夜を…!

e0172219_00444176.jpg


[PR]
by iiyo-ok | 2015-08-29 17:02 | 海外視察

e0172219_23582034.jpg




少し涼しくなりましたね〜。

先日、訪問先へのお土産に、
鳩サブレと鳩らくがんを買ったら、豊島屋のお姉さんが、
「残暑お見舞いのおのしはおつけしますか」
と、言いました。残暑?もう?

確かに、きこえてくる蝉の声は、ミンミン4割、カナカナ6割くらい。
そうか、秋はもうそこまできているんですね。

さて、昨日はゆず疲れでおやすみしてしまいましたが、
今日はひさしぶりに「Culm Valley視察」関連の進捗について書きたいと思います。

実は、今朝からちょっと、浦島太郎のような気持ちになってます。
なんか、勘違いしちゃってたみたいなんですよね。
どんな勘違いかというと、健康経営はかなり社会に浸透している、という、
勘違い。ガックリ。

イギリスからこっち、ご縁がご縁を呼び、
Ladleの取り組みについて多くの方にお話する機会に恵まれてきました。
そのときにお話することは二つで、

一つは、補完代替医療のこと。
交通事故をヨガで治す人はいない。
治癒には西洋医学、東洋医学いずれも必要。
西洋のドクターの診断のもと、
東洋医学の施術が受けられるしくみが必要。

二つめに、企業ヨガのこと。
ヨガを予約する人は心配ない。
からだにいいことは大抵、
やりたくない人が一番必要としてる。
運動のほうから人に会いにいく社会を。
講師が会社に運動を届けるしくみを。

これをいきなりこのまま話しても、長くて全然聞いてもらえませんが、

「健康経営を推進しています!一つは代替医療、一つは企業ヨガです。」

くらいだと、ああ健康経営やってるんですね、となり、
「ダイタイイリョウなんすかそれ?」
とか、
「キギョウヨガ、ほほう…。」
と、お話が繋がったりしていました。

ところがです。

このお盆中、たまたま異業種の方に続けてお会いしたら、
「ダイタイイリョウなんすかそれ?」
「キギョウヨガ、ほほう…。」
以前に、

「ケンコウケイエイってなんですか?」

と、聞かれるのです。ポカンと。
それが今朝で5人目くらい。もはやわたしがポカンです。

なるほど、これまですいすい話が通じていたのは、相手が
「健康経営」を推進するお仲間だったからなんですね。
一番タッグを組みたい、経営者、経営コンサルといった人たちは、
健康経営なんてノーマークでした。
少なくとも、
「ああそれ気になってたんですよ」
とは、いわれなかった。
思っていたより、企業はまだまだ健康を優先していません。

しかし同時に、健康と経営の関係は、机上の空論ではありません。
実際、運動するとスッキリしてお仕事捗るのですから。
現実がみえたのだから、よかったんです。
あとは、現実に合わせてゆくだけです。

健康経営が浸透したら、誰になにが起きるのか、
これからは、こちらでも言葉にしていきます!

健康経営が当たり前になったとき、
どの会社にも定期的に運動指導者が参上しているはず。
体にいいことの指導経験のある人は、みな引く手あまた、
いくら居ても、足りないくらいです。

人々は、病院探し、代替医療治療院さがしのジプシーになることなく、
あうものがみつかるまでお見合いができます。

結構みんな幸せだと思います!

さあて。
今から恵比寿で月明かりのヨガです。
新月の、新しくはじめようムード。この、身軽さが好き!
毎月のことですが、ワクワクします‼︎

[PR]
by iiyo-ok | 2015-08-19 23:58 | 海外視察