オレンジと五月病。

e0172219_12584226.jpg



疏泄。そせつ。のびやかに流れるさま。
今日の「からだのしくみヨガ」のテーマは五月病でした。これの予防に、そせつすることが欠かせないのです。深い説明ははしょりますが、オレンジです。オレンジがしみじみと美味しい日は、血やリンパや気がからだのどこかで滞っているとき。からだのSOSだと思って、欲したらオレンジを召し上がってくださいね!

でも、五月病って病気の名前じゃないんですよね。最近は6月病と言い換えられたりしていて、これはある特定の心身の変化につけられた名称、のようなもののイメージです。

だからこれを未病として考えてみたらどうだろうと思いました。未病の定義は「自分で治せる」だからです。軽い肩こりや腰痛のように、五月病もヨガで脱出できるかもしれない、とワクワクと考えました!2年前のことです。

わたしは12のからだのしくみヨガテーマのうちで一番この回が好き。なぜなら、わたしがその時期を通過しているからです。といっても、五月病にかかったわけではないのです。ただ、メンタルバランスの崩れというものを如実にかんじた日があって、からだと心がばらんばらんだったんですね。

それが、ヨガをしたらまっさら白紙に戻った。ヨガってすごいと思いました。メンタルが落ちたときの復活は(程度のいろいろはあるかもしれませんが)ヨガがもっとも得意とするところじゃないかと思っています!

さてこのしくみヨガ、テーマは大きくは変わりませんが内容は毎年かわります。去年一昨年と、今年は違うし、来年再来年とも違うでしょう。そのときになってみないとわからない。LIVE感が高いのです。わたしも、そして土曜クラスを担っているまきこ先生も、本当にこのクラスが好きなんですよ。

1回7千円というのは、決して安くはないと思います。それだけの手間をかけているからこその値段なのですが、それでもやはりどうしたらいいか、最初のころは友人や先生仲間にずいぶん相談もしました。

でもね。
今はこの値段でもいいから知りたい、という方々にまず来ていただけたらいいのだと考えるようにしています。その方がまた、周りの大切な人に伝えてくれると思うからです。

といってもね。
家計簿とにらめっこするみんなの表情が夢にまで出てくるんですよ。なのでうなされながらでてきた方法が「一度7千円で参加して、気に入ったら3回パックに乗り換えて差額をお支払いくださいね」というものです。これなら1回5000円ということにできますから。

お気軽にご相談くださいね!
[PR]
by iiyo-ok | 2016-04-06 21:58 | からだのしくみヨガ

眠れるヨガを5つ。

e0172219_21234557.jpeg


「今日は節分ですね〜」

と、たまにブログをのぞいてくれてるニイナちゃん(元薬膳ヨガの先生ですね)から朝一できいてがっかり。前の日に太巻きをたらふく食べてしまったのでした。当日ちっとも食べたくないのでした。

さて、昨日は「からだのしくみヨガ」でした!これは薬膳ヨガのヨガクラスで、HPではこんな風にご紹介されています。

+++(詳細ページ抜粋)++++
カリキュラム
ヨガ解剖学(理論50分)+経絡ヨガ実技(60分)+質疑応答(10分)[120分/回]

テーマ
1月 婦人科系疾病
2月 不眠
3月 頭痛
4月 五月病
5月 肩こり
6月 胃もたれ
7月 貧血
8月 熱中症
9月 乾燥肌
10月 風邪
11月 冷え症
12月 腰痛


+++++

これらの未病に、
「なったとき体内で何が起きているのか?」(理論)と、
「なったらどんなヨガがいいのか?」(実践)を、
合わせ技で学んでしまうんですね!

おかげさまで、平日にもやってーというお声をいただくようになり、
2月からは水曜日もやることになりました!

第3土曜・・・みなさまご存知、アロマとヨガと解剖学のオーソリティまきこ先生〜
第1水曜・・・マニアック深井

同じテーマをとりあげますが、理論もヨガもちょっとづつ違うとおもいます!

ヨガはやる人によって、同じものがまったく別物になるんですよ。ピアノもそうですよね!同じ曲がピアニストによってまったく違う音色に聞こえるような感じです。


さて、昨日は2月なので「不眠」でした。
今回はこれを「腎」のヨガで改善することにしました!

まず、腎が「不安」や「緊張」と近いところにある内臓であることをお勉強。
東洋医学の五行論のお話です。

続いて、「不眠症」とは何かもお勉強。
これは西洋医学。4パターンあり、何を指して不眠と言うかが意外と人それぞれなことを発見。

次に、眠れないときに体内で何が起きていることをパトロール!
これも西洋医学。神経のお話です。(あの名前だけは知ってる)「交感神経」「副交感神経」がここで登場。

これが冒頭の五行論「不安」「緊張」と繋がったところで、最後、5ヨガを1時間、たっぷりと練習しました!楽しかったです〜♪


この「交感神経」と「副交感神経」ですが、今回気がつきましたが、見事な陰陽の関係にあるんですねえ。

正反対の性質を持ちあい(緊張とリラックス)
静止することなく増減しあい(両方いっぺんにはかんじられないですよね)
相手がいて自分もある(どっちかしかない人っていないですよね!?)

陰陽の条件を満たしきっていませんか?!

西洋医学の世界で発見されたので、東洋医学にそのものズバリの名前はこない。

でも体に2種類の感覚があって、それが「眠り」に影響していることは、昔の人はちゃんと理解していたんでしょうね。

それを後世、西洋医学がそれを紐解き、写真を撮って、名前をつけたのです。ロマンです!

からだのしくみヨガはそういうわけで、カチッカチっと、西洋医学と東洋医学がつながっていく時間です。わたしとまきこ先生が、中毒のようにハマり続けているクラスなのです。


ふふふふふ、あなたもようこそ、しくみの世界へ・・・・!!

→からだのしくみヨガ


e0172219_21240309.jpeg

[PR]
by iiyo-ok | 2016-02-04 16:35 | からだのしくみヨガ

e0172219_23304646.jpeg

膳ヨガからアロマが広がっています!

TT2期のまきこ先生が、
横浜ルミネの朝日カルチャーで
アロマの講座をひらかれました。 


まきこ先生は、
同じく横浜ルミネの
「和室でごほうびヨガ」
の講師もされています。

たからの庭の
「からだのしくみヨガ」の先生でもあり、
こちらが大変人気で
2カ月先まで満席。

来年は藤沢ルミネでも 
開講が決まっています。

まきこ先生のスタミナはすごい!
フレーフレーまきこ♪

[PR]
by iiyo-ok | 2015-11-14 22:11 | からだのしくみヨガ

e0172219_14191947.jpg



今朝、接骨院で、こんな記事を目にしました。


「むくみ」とは?
筋肉がこわばって、収縮や弛緩などのポンプ運動をしなくなることで、
体内の圧力バランスが崩れ、血中の水分が、脈外ににじみでた状態のこと。



水分は、ほうっておけばリンパ管や静脈に吸収されるらしいのですが、
それまでの間の状態がむくみです、というようなことが書かれていました。

今、文末の「旅先にいるみたいです」まで書いたところで、気づいたら
首が限界まで硬くなっていて(ブログに夢中で)
これこそ今日の本題だと思って、冒頭にかきました。
首、すぐにストレッチしたら、すぐ柔らかくなりました。
おもいだせてよかった・・!

からだのしくみヨガのテーマを一部変えてみましょうかと
まきこ先生と話していたのですが、むくみ、いいかもしれませんね・・・!?



(今日のブログはここから)↓

6日から、からだの車検と称しヨガから離れてすごしていますが、
お休みも3日目になると、生活に変化がでてきますね。

意外なのは、掃除です。
父の部屋、昨日は階段、今日は私のベッド周り、と、
起きてさらっと1ヶ所だけ磨くリズムが気に入り、
掃除しなきゃ、と年がら年中思わなくなりました。
明日もあるしと思うと、一気にはやらないもんですね、意外と。

さらに、日々の雑用。
期限ギリギリではないことは、なんと気持ちのいいことでしょうか・・・!
切羽詰まるのが性分だと思っていたのに、そうとも限らないのかも。
明日もあるしと思うと、たとえば、
銀行にいかないとならなくて、
それより行きたいい場所があっても
銀行を後回しにしてそっちに行ったりしない私がいます。
(ふだんはそっちに行ったりする、ということですねハイ)

なんだか、知らなかったような気分です。
1日は24時間だということを。
決してそれ以上与えられないのだということを。

知っていると、知っている人の休暇になります。
こんな日常べったりの休みに、どこかリゾート感が漂っています。
休暇だということを、からだと心が決めていて、
仕事をしていても旅先にいるみたいです。


・・・・。
[PR]
by iiyo-ok | 2015-10-08 16:32 | からだのしくみヨガ

チョコ時間。

e0172219_16581660.jpg


今日は、緑と光と溶けあう、ただただしあわせな一日。
ごほうびヨガの日だからです!
ごほうびヨガは、日常の木もれ日。
ちらちらと光を落とし、わたしをほっとさせてくれる存在です。

はじめのうちは違いました!
あれもしなくちゃ、これもしなくちゃと気をすべて使い果たす、
ひと月の中で最も大変な一日だったのだから、
状況は変わるものです。

ごほうびヨガの朝は、和室の雨戸を開けることから始まります。

ガタガタいってなかなかあいてくれない古民家の雨戸を、
着いたら、開ける。着いたら、開ける。
これを5年半、150回、繰り返してきました。

はじめのころは、そこでなにを考えるゆとりもありませんでした。
心が次にやることを考えるので忙しく、なんにも見えていなかったのです。
ところが去年の暮れ、
「昔はここがいちばん大変だったんだよね。」
と、思いながら戸を引くじぶんがいました。

そして今ではこれが、たかこ先生のお仕事になっています。
たかこ先生も、雨戸を開けながらなにか思っているのかな?

さて、そんなたからの庭で、今日はからだのしくみヨガがありました。
わたしの分身でもあるこのクラスに、
まきこ先生を抜擢したのは、解剖学への愛が理由なんですよ。
まきこ先生をみていると、あるフレーズが浮かぶのです。

努力家は、天才にはかなわない。天才は、楽しむ人にかなわない。

わたしのヨガの恩師がくれた言葉です。まだわたしにヨガが染みこむ前で、きっとだから覚えているのだと思います。
自信もなかった毎日で、あなたはそのままで素晴らしいと、
背中を押されたような気持ちになりました。

最近まきこ先生は、自分でも驚いちゃうような、著しいからだの変化を感じるといいます。
生物はすべて老いと共存する宿命で、それは決して何かを怠った結果ではありません。
わたしもあれ?と思うことがあります。
あれ、こんなところに見たことのないシワが、とかね!
まきこ先生はそのことを爽やかに受け止めていて、
「やーだ、これもできなくなってるんだ、わたしって!みたいに、もう自分の中で大騒ぎなんですよ〜」
と、落ち込んだり笑ったり。

解剖学を心から愛し、楽しむ人が、
そんなふうに4足のわらじに翻弄されながら、
でも懸命に大地を踏みしめ発信しているのが、
この一年の「からだのしくみヨガ」です。
クラスをお任せするときにはこんな風に、
それ相応の理由があるということを、お伝えしたくてこのことをかきました。

ヨガをしながら木もれ日をみていて、今日はブログにこのことを書こうと思いました。


ところで、どうしてチョコの写真なんだっけ?

…そうでした、そんなふうにクラスをおまかせできているので
今日は夕方、打ち合わせに行けた、
打ち合わせの日には、チョコレートを持って出かけてるってことなんです。

でも、書いていたら長くなってきたので、後半はまたいつか!016.gif
[PR]
by iiyo-ok | 2015-05-13 16:57 | からだのしくみヨガ

串刺しミーティング!

e0172219_22341298.jpg



今日は月に一度の串刺しミーティング!

串刺しミーティング、へんな名前ですよねえ。
別に、やきとりを焼きながら打ち合わせするわけではないんです。
串刺しするのは、季節、内臓、症状、経絡、食材など。
つまり、季節と症状と、それを改善するヨガと薬膳を、
ひもづけするミーティングのことなのです。

はじまりは夜中の長電話でした。

「もしそんな場があれば、どのクラスでも薬膳とヨガをきちんとお伝えできます!」

と、ニイナ先生がひらめいて、以来、みんなができる範囲で続けています。

今日は、5月の串刺しミーティングでした。
その中身はというと…

5月は春。春は風の邪をうけて「肝」が弱る。
「肝」が弱ると、肩こり、頭痛、乾燥などのSOSを出す。
肝の経絡があるのはココ。その部位を曲げ伸ばしできるヨガはこれ。
だからこのヨガをやりましょう!

薬膳も同じです。

肝のSOSを楽にする効能はこれ。その効能をもつ食材はこれ。
だから5月はクラス(ごほうびヨガのおやつ、混ぜるだけ、薬膳フレンチなどですね)で、
こんなメニューをだしましょう!

という具合です。
これはやってみると、とてもとても楽しい作業!
そして、からだを見守るきっかけをくれます。

ちょっとお話がそれますが、
具合が悪い時、わたしは病院にいって薬をもらうのも一つの選択肢、
それはそれでうまく取り入れていくのでいいと思っています。
痛くて生活が立ち行かないときに、即効性のある効き目に救われることは、
やはりどうしてもあると思うのです。
全部が全部ではないですが、うまくとりいれていく姿勢でいようと思っています。

ただ、並行して養生をすること。
これは、しないともったいないと思っています。

日々からだと対話しておくことで、
病院の治療がききやすくなることもあるでしょうし、
もしやちょっとの不調なら、それだけで治ってしまうかもしれません。

まして、症状の大元の芽を摘む「根治」は、外的なパワーだけではたどりつけない。
自分でつくりだせるものでないものは、ずっとは続けられないからです。
からだと心にいいツールは世の中たくさんあるけれど、
いずれも、それの効果をみたかったらやはり、まかせきりではなく、
自分で自分のからだと心を、見守ることありきだと思っています。

串刺しは、その材料のようなもの。
ここで得た知恵を使って、先生たちは一足お先に、来月のからだと対話をし、
メンテナンスを楽しんでいるということなのです、ふふ!

ところで、このブログでもたびたび登場する「経絡」に触れておきます。
経絡は簡単に言うと、ツボとツボを結んだ線なのですが、
もう少し突っ込んだ言い方をするなら、「気」の通り道です。

「気」というのは目に見えないもので、体を温めたり、
外敵から身を守ったりと6つの大切なはたらきを担っていますが、
日常で最も感じられるはたらきといったら、血やリンパを推し動かす、
いわゆる「巡り」だと思います。

そして、これはあまり知られていないかもしれませんが、
「気」は内臓それぞれが、それ専用のものをもっていて、
それを使ってそれぞれの働きを営んでいます。

つまり、肝には「肝気」、腎には「腎気」がそれぞれ、
専用の道を通って届けられ、肝機能、腎機能といったものを営む。
経絡とは、各内臓に「気」を届ける道の総称であり、
肝気の通り道を「肝経」、腎気の通り道を「腎経」と呼んでいるのです。

ちなみに、わたしが従事していた薬膳の学校の先生は、
(とっても偉いおじいちゃん先生なのですが)
(この方がたとえ話に非常に長けていらっしゃるお方で)
「気」の巡っていない状態のことは、交通渋滞に例えていました。

「経絡」を道路、「気」を車におきかえて、

「車線(経絡)を広げたら、たくさんの車(気)通行できるでしょう!」

と、声高らかにガハハハーと、そのようにおっしゃっていました。
これが、後々とてもわかりやすかった。
クラスで経絡を、「伸ばす」ではなく「広げる」と表現しているのは、
このおじいちゃん先生からの教えです。

はっ、、、、長くなりますねー。
経絡は効果を感じやすいので、語り出すとついのめりこんでしまいます。
わたしに限らず、ヨガを始めて経絡に興味を持ってゆく人はとても多いです。
なので薬膳ヨガでも、一般クラスと養成クラス(TT)それぞれに、
経絡を学べる講座が、自然発生的に生まれました。
一般クラスでは『からだのしくみヨガ』
TTクラスでは『感じて学ぶ中医学(4) 経絡』
ご興味のある方はぜひのぞいてみてください。

というわけで、先生たちがそれぞれの暮らしで体験した5月の養生は、
クラスでみなさんにお伝えいたします。
どうぞお楽しみに!
今思いましたが、自分と似た体質の先生のクラスにいくのがいいかもしれませんね!

まきこ先生、たかこ先生、おつかれさまでした!!
[PR]
by iiyo-ok | 2015-05-07 21:30 | からだのしくみヨガ

眠りのしくみヨガ。

今日は節分だなと思ってFacebookをのぞいたら、
まきこ先生がこんな記事をアップしていました!


e0172219_1615128.jpg


昨日はたからの庭。道すがら陽射しが暖かくてきれいで溶ろけそうで、心地よさにため息。少しだけ春の気配。
今月の「からだのしくみヨガ」のヨガも決めてきました。テーマは眠りにいざなうヨガ。
久々にたからの庭でのヨガ、陽射しに向かって伸びる葉っぱのイメージのヨガもやって、温湿布もできたらやっちゃおうかなーと思います。

いいなぁ。いい感じ。

この間の日曜日、今月のヨガをきめたんです。
「これやると眠くなっちゃう」ヨガを5つ。
からだがどんどん決めてくれてしまうような、本当に心地よい時間でした。
眠る、ということのもつしあわせが、
しみじみと伝わる120分になるだろうと思います。

しんどいとき、やりにくいときは、体の中に理由があります。
事情があるからそうなっているということを、
解剖学は霧を晴らすように教えてくれます。
「なーんだ、ちゃんと眠れなくなっているじゃない。」
と、体の素直さが愛おしくなります。

アロマの資格ももっている、まきこ先生の眠りのしくみヨガ。

今月から会場と日程が変わります!
* * * * *
「からだのしくみヨガ」2月『不眠』

2/7(土) 14:30〜16:30
2/25(水) 14:00〜16:00 ※この日だけ30分早いスタートです。

@たからの庭

* * * * *

お部屋が小さくなるので、からだの動かし方なども
丁寧に教えてもらえると思います。
アロマの温湿布もあるんだって。
…眠れますね、きっと。
[PR]
by iiyo-ok | 2015-02-03 15:50 | からだのしくみヨガ

瞬間の欲。

e0172219_10393094.jpg

今週は「からだのしくみヨガ」ウィークでした♪

今月から「未病」がテーマになってます。
今月は「肩こり」、来月は「偏頭痛」みたいな感じですね!

「からだのしくみヨガ」のコンセプトはこうです。

例えば「偏頭痛」でいくと、
あれは一晩寝たら治るけれど、またなる。
これをどこかの内臓が弱っているサインだと考えて、
根治を目指し、まず臓器をつきとめます。
「偏頭痛」なら肝臓がその一つ、
肝臓がこうなるから頭痛が起きるんだ、
ということを情報として知るのが、
前半、ステップ1です。

ステップ2では、肝臓の経絡を
広げたり緩めたりするヨガを
5つ練習します。
角度や時間配分をしっかりマスターして、
メモして帰る。

これで1回のクラスが終わりです。

そしてゴールは、なんだかあの人楽しそうって思われる♪
みたいなことですね。
だって、今度頭痛になったらメモをみて頭痛を軽減できるのです。
ヨガのある生活は、体調がいいんです。
不調にならないわけではないけれど、
改善の方法があると思うと気が楽です。

冒頭の写真は、クラスで配布しているメモ用紙。
内臓や経絡、ポーズを書き込んで、
皆さん終わるとすっごく元気です!

私のみる限り、
「からだのしくみヨガ」を楽しいと感じる方は、
ヨガっていい!の初感動以後の人です。
どうしていいんだろう、を知りたい人。
そんな欲を満たしたくて続けているので、
私にとって格別、思い入れのあるクラスなんですよね!

・・・と、いうわけで、
ちょっとブレイクして、
ヨガ考察を書きます。

しくみヨガウィークの間、
「欲を満たす」という思考にどっぷりだったので、
「瞬間の欲」のことをぐるぐる考えていたんですよ。

瞬間の欲。
これを満たすことってすごく便利です。
私はこれで状況がイマイチなときも、
一日を楽に過ごせていられてるんですよ。

例えばね、今は朝で私は家でこのブログを
かいているわけですが、
瞬間の欲はっていうと、
眠りたいです。目を閉じたい。

なので、キーボードの手をとめて目を閉じてみますね。
すー すー と呼吸が深くなり、
眠ったみたいになれました。

そしたら欲がシフトして、
お腹がすいた、になりました。
おいしいパンとコーヒーを欲してる。
もはや睡眠よりパンです。

でもこれは出かけないとないなー。
そうだ、これ書いたらときわパン買いに行こう!!

ワクワクしてきました♪
そしたら何時にこれしてあれして・・
午後の予定も楽しみになって
脳が覚醒し出しました!

こんなふうに瞬間の欲は、
満たせば、次の行動が決まるんです。

定義は複数あると思いますが日常的には
これって細胞の欲を満たしてるってこと。

胃も筋肉もみんな細胞でできているから
2つ、3つ叶えるうちに内からじっとしていられなくなってくる。
体が波にのりだすのはだからだと思います。

私はいつも楽しそうだといわれるけれど、
こうしてむずむずしてる状態を見て
皆さんそう思って
くれているんだと思います。
本当は一人で勝手に楽しいだけなの♪

だけど毎日をめいっぱいまで楽しく過すってこんなこと♪
と、実感してます。

ではでは、おいしいパンとコーヒーいってきまーす。

みなさんも細胞レベルの一日をね♡


~おまけのぼやき~
だから本当はね、ヨガベテランさんだけでなく、
弱っているときに
瞬間の欲を満たすレッスンしにきてほしいんです、
からだのしくみヨガは。
これをHPでどう伝えたらいいんだろー?(笑)
まあだんだん伝わるよね。

先生たち、プロクラスメンバーさまさま、
周りのみんなに伝えてね!!

「からだのしくみヨガ」
http://iiyo-ok.com/class/karadanoshikumi.html#youkou
[PR]
by iiyo-ok | 2014-04-19 10:35 | からだのしくみヨガ