カテゴリ:深井みほ子プロフィール( 2 )

腎臓ネックレス。

e0172219_09515653.jpg

待ちに待った、腎臓ネックレス!
イギリスから届きました。

この感動は一言ではいいあらわせない。
世界でひとつだけのジュエリーです。



[PR]
by iiyo-ok | 2015-07-15 09:51 | 深井みほ子プロフィール

*薬膳ヨガHP プロフィールより
--------------------
深井みほ子

東京都出身。藤沢市在住。
幼少期を横浜市磯子区で過ごす。
12年間の事務職を経て、WEBデザイナーに転職。
4年後、体調を崩し家族の勧めでヨガを始める。現在ヨガ歴4年。指導歴3年。

* 2007年 02月 韓国のヨガに従事
* 2008年 04月 指導資格取得
* 2008年 05月 独立
* 2008年 07月 茅ヶ崎クラス スタート (※現 藤沢クラス)
* 2008年 09月 NPO法人npo魂 設立
* 2008年 10月 全日本薬膳食医情報協会認定 薬膳調理指導員資格 取得
* 2008年 12月 藤沢クラス スタート
* 2008年 12月 法人契約(株式会社ホメオスタイル)、馬車道クラス スタート
* 2009年 08月 稲村ケ崎クラス スタート、薬膳講座 スタート
* 2009年 11月 北鎌倉クラス スタート
* ※現在に至る
--------------------

~ご挨拶~

はじめまして。深井みほ子と申します。
鎌倉・湘南を中心に、薬膳ヨガというヨガクラスを開催しています。

「薬膳とヨガってどんな関係があるの?」
というご質問をよく頂きますが、
薬膳に出会ったのは、ヨガよりかなりあと。
ふたつが結びついたのは、それより更にあとでした。

ヨガの講師になってしばらくして、
内臓の場所をよく知らない自分に、ザワザワとした違和感を覚えました。

肝臓は、どこにあるのか。
腎臓は、何をしてくれているのか。
症状は、どの内臓からきているのか。
どこが弱ると、そうなるのか。

すべてに応えがあるはずで、
ヨガで多少は教わってきた東洋医学を、一度きちんと勉強してみようと思い、
学ぶ場所を調べていて、『薬膳』という言葉に出会いました。

薬膳とは、東洋医学(中医学)に基づいた食事のことであり、
体を治癒する施膳のこと。
でも、もしそれだけだったら、私の中で、
ヨガと薬膳が結びつくことは、なかったかもしれません。
強く伝わるものがあったのは、むしろ
中医学の根底に流れる、こんな理念の部分でした。

「自分に優しくしたかったら、まず自分をようく知ること。
誰かに優しくしたかったら、まず相手をようく知ること。」

どこにも書かれてはいないけれど、教本が繰り返しそう伝えてくるのです。
それまで、本当には人を思いやることをしないで来てしまった私に、
それは励ましのようにも、答えのようにも感じられ、どこか救われたような気持ちになりながら、へんてこな四字熟語を暗記したことを覚えています。

陰陽五行。整体観念。弁証論治。七情禁忌。五臓六腑。四性。食性。四診。養生。
たくさんの素晴らしいしくみが、繋がり合って成り立つ薬膳。
でもその時から、私の中で『薬膳』は、ただ「声を聴く食事」になりました。
ヨガに集中すると、内なる声と出会うことがあります。
ちょうどそんな感覚で、本当に食べたいものを問いかけると、不思議に体は元気になります。
声を聴く。信じる。実行する。
それこそが、薬膳ヨガのお伝えしたい「薬膳」と「ヨガ」です。

美味しいものは、弱っていたどこかに効いているから美味しい。
誰もが普段、無意識にやっていることだけれど、大人の事情で、その当たり前ができない日も多いものです。

クラスでは、それを誰に気兼ねすることなく、思いっきりやって頂いています。
自分の体に集中した後の皆さんの笑顔は美しく、自信に満ち溢れています。
体や心は、私たちがちゃんと想っているかどうかを、
こちらが思う以上に、敏感に察しているのだと思います。
少し意識を注いであげるだけで、エネルギーが満ち溢れるのは、だからなのかもしれません。

薬膳の理念を通じて、自分を思いやることと、
そこから自然に、人も思いやることを、
自分の中に願いながら、日々ヨガをしています。

まだまだ発展途上中の私ですが、
どうぞ末永くよろしくお願い致します。



薬膳ヨガ 深井みほ子
[PR]
by iiyo-ok | 2011-01-01 20:08 | 深井みほ子プロフィール