e0172219_226576.jpg
大きく切り取りほおばった、
英国伝統菓子、ミンスパイ。
逗子のシネマアミーゴにて。
今年最後の1ホールだときき、迷わず注文。
だってオーナーのおばあちゃんの手作りです!

イギリスは代替医療が盛んだそうですね。
代替医療というのは、
現代医学と東洋医学、それぞれのよいところをとりいれた医学のこと。
たとえば、先進医療の手術をうけたあとに、
ヨガや気功でリハビリをしたら、それも代替医療です。

そのリハビリ部分に
健康保険が適用される制度もあって、
これを代替医療制度といいます。
イギリスでは50年ほど前から導入されている。
チャールズ皇太子が、そのように法律を改定したと、
あるとき東洋医学の文献でみつけて
思うところがありました。

ヨガや薬膳の講座も、
保険証を提示してもらって三割の料金で、
今よりたくさんの人に受けてもらえたらいいのに。

ヨガや薬膳だけでなく、
治癒を意識して発信されている講座やレストランがみんな、
その対象であればいいのに。

実際、日本もそうなる日は近い気がしました。
薬膳ヨガも、それの役にたつ活動をしていこうと、
いつからか目標として意識するようになりました。

二月からスタートしたプロ養成コースでは、
受講の前にみなさんの目標を伺いますが、
そのときに薬膳ヨガの活動の方向性として、
このお話をさせて頂いています。

目をキラキラさせて聞いてもらえると、
それだけで心づよい気持ちになる。
日本はどんなシナリオで、そうなっていくんだろう?

アメリカでも一部地域ですでに実現しているようで、
ヨガクラスの、以前イギリス在住だった方や、
今アメリカ在住の方が、たまに現地の情報を送ってくれます。
今1番楽しい、考えごとです!

イギリスには、ジャパンセンターという
日本食材のお店があるんですね。
先日そんな情報をいただき、検索していたら、
ばったり、北鎌倉クラスのMさんにお会いしました。

イギリス旅行から帰ったばかりなんですよー、と、
Londonとかかれたクッキーをくださり、
わあ!となりました!

突然目の前に現れた、ロンドンの空気をまとった小袋。
ピカデリーサーカスの雑踏が見えるよう。
おかげで今日は一日、
カバンの中にイギリスのお菓子のある幸せを噛みしめました。
Mさん、ありがとうございます!

それにしても、イギリスのお菓子はとことんバターですね!
ミンスパイもクッキーも、
ガツンと胃にきて暫くお腹がすかなくなる。
だけどたまらなく美味しいのは、
これが伝統の味だからでしょうか。

クッキー、今日は二枚ほどいただきました。
鎌倉の鳩サブレ以上にサクサクしていた。
明日また食べよう!
e0172219_226695.jpg


、、、Mさんいはく、
現地のバスガイドさんはやはり、
ヨガを無料で受けていると話していたそうです!
[PR]
by iiyo-ok | 2012-03-26 21:36 | プログラムの一例

胃もたれに麦芽。

e0172219_23232579.jpg
茅ヶ崎の「MOKICHI」にて。

熊沢酒造の手がける、おいしくて素敵なイタリアンレストラン。
お世話になっている、創作和菓子「手毬」の御園井先生に
連れて行っていただいて、大興奮。

雰囲気も味だけど、初めて出会った麦芽にです。
会えちゃった、教科書の文字でなく、本物に!

ずっと気になっていたのです。
ビールの原料に効能があるいうこと。
しかもそれが「開胃」だということ、

かいい、というのは、
食欲のない朝に、お水をのむと、
お腹がすいてくるような感じのことです。

ビールの味はするのだろうか。
呑んだ感は、あるのだろうか。
いよいよ食べてみましたが、
サラダにかけても、80点。
ピザにかけるのは、100点満点。
あるほうがおいしい!というくらい、まずはおいしいものでした。

だけど、開胃は感じられない。
胃もたれをしたときに食べてみようと
レジ前で販売していたこぶくろをひとつ、
買い求めました。

それを先日、北鎌倉の和菓子のときに
みなさんに食べて頂きました。
おいしい。
味がある。
スナックのかわりになる!

おおむね好評な声が続く中、
ニンニクの食べ過ぎで胃もたれをしていると
宣言されてからヨガに入ったたからの庭オーナー島津さんの
手が止まらなくなっています。

もちろん、島津さんは優しい方で、
どんな変わったものをだしても、
へえ~と、一口、つきあって下さる。
けれどその日の麦芽は、
和菓子を食べ終えても手をのばしていました。
「止まらないかも」、とつぶやきながら。

「みなさん、胃もたれの方が、
麦芽がとまらなくなっているご様子です。
よく覚えておいてください。」

思わず実況してしまいました。

「開胃」は、ゆずやにんにくにもある効能で、
これは香りが食欲をそそります。
れんこんや蕪にもあって、
これも根菜→食物繊維、と思うと納得がいく。
だけど麦芽は、ビールです。
お腹が張る連想しかできなかった私に、
目からストンと入ってきた、貴重な体験でした。

効能って、自然体でいいのです。
感じないものは、効いてない。
美味しいものは、効いている。
効くとは治癒のことであり、
悪くないところには、治癒もない。
違う生活を頑張る限り、
美味しいものも分かれて当然なのです。


それにしても、島津さんは、
同じ開胃の効能のもので、
胃がもたれて、癒されもしましたよね。
不思議だけど、これはふたつに明らかな違いが
あるからだろうなぁ。
にんにくは、体を熱くするし、
麦芽は、体を涼しくするのです。

島津さんの体は、特に寒くなかったのかもしれない。
ヨガもしていたし・・・
だとしたら、おいしいのはニンニクより麦芽の方か・・・。

なあんて!
こうやってすぐ、薬膳妄想しちゃうんですよ、いっつもいっつも。。

島津さん貴重な体験をありがとうございました!
[PR]
by iiyo-ok | 2012-03-05 22:41 | プログラムの一例

エネルギーの使いみち。

e0172219_073297.jpg
今月から始まるプロ養成コースのことを考えながら、
一日に使えるエネルギーには限りがあるんだよな、と思いました。

もちろん、元気を自分でつくることはできる。
行きたい場所にでかけて元気になるとか、
中医学では、呼吸と食事が、その代表。
具体的には、
肺を動かすことと胃を動かすことで、
それぞれの臓で生成される「気」が
全身の血と津液を、推し動かすとされています。

人体メカニズム的には、いつでもどこでも作れる「気」。
だけど、人間どこでも深呼吸的なことはできないし、
いつでもお腹がすいてるわけじゃない。
作れるのは、限定チャンスのときだけだから、有限だなと思ったのです。

だとしたら、使いみちは大事です。
限りあるエネルギーを、今日はなにに使おうか?
あれこれ選んで、何かはあきらめたり しながら、
私たちは今日を精一杯楽しんでいる。
使いみちを考えたほうが、あとあと困らない感じはお金と同じですね。
エネルギーのお買い物計画と思うと
ワクワクしてきます。

今回のプロ養成コースを受けようと
決めた8人のみなさんは、
もちろんそれぞれに、家庭やお仕事をもっています。

そこでの責任を果たすのだって100%全力投球だと思うのに、
もう一つ選択し、やり遂げようと決意した人たちです。

尊敬と、感謝で胸が熱くなる。
この感動も、今わたしのエネルギーになっています。
全力投球で応えよう!
改めてそう思いました。

というわけで、大事なクラスが増えるから、
今月はエネルギー配分に、ちょっと慎重になっている。

ちなみに、うっかりエネルギーが極貧状態になると、
わたしはこんな風になります。
フラフラ力が入らない。
頭が回らないから、仕事もはかどらない。
同時に、顔や足がはれぽったくなる。
血も津も、循環をやめている感じがいかにもします。

反対に、満ちるときは喜びです!
山の冷たい空気をすーっと吸ったときの、
細胞から軽くなる感じ。
おなかペコペコで、健康的な和定食なんかにありついたときの、
みるみる活力が、みなぎる感じ。
肺と胃それぞれが、
入ってきた大気や食物をうけとめ健やかにうごけたときのからだです。
大丈夫、作りながら順番に使っていこう。
明日はなにからやろうかな?
[PR]
by iiyo-ok | 2012-02-08 23:20 | プログラムの一例

e0172219_1926289.jpg
薬膳って、お肉をたべていいんですねえ?と、よく言われるのですが、
そうなんです。薬膳は、何がだめというのはないんですよね。

そこは共通として、しかし、その方ご自身の体験などによって、
薬膳そのものの表現の仕方は、いろいろだと思います。
そんな中で、私にとって薬膳とは、
ズバリ、「食べ方」の名称です!

薬膳レシピ講座の受講生のみなさんは、
ジャンルの名前じゃないんですね、目からウロコです、
とおっしゃいますが、
わたしも同じく。はじめて授業をうけたとき
テキスト1ページ目で、ウロコがばさばさ落ちました。

そもそもが、ヨガをやるのに体のことを知りたかっただけだったの授業。
胃の場所とか、腎臓がなにをしてるとか、
なんにもしらないな私・・・と思って
おしえてくれる学校は、世の中にあるのだろうか・・と思って、
たどりついた、中医学のスクールだったんですよ。
胃の場所がわかって、薬膳の資格もとれるんだ♪
みたいな感じ、薬膳はおまけだったわけです。

だけど、授業がはじまり、
薬膳とは食べ方のことなのではないか?と感じたとき、
それって楽しいんじゃない!?と、
お腹がカーっと、熱くなりました!
以来、わたしの頭の中にはいつも、
薬膳と体とヨガのトライアングルがぐるぐるしています。

では、いったいどんな食べ方なのか!?
書きたいけれど、語りだすと長くなっちゃうので、
今日はかわりに、もっとも最近たべた、お肉料理をご紹介します。

絹のように、口に入れたらふわりと溶ける、すりたての生ハム。
OSTERIA BAR Via PocaPoca』にて。
北イタリアの家庭料理だけを食べさせてくれる、
我がゆずっこ友達の、ご主人のお店です!

豚肉の各部位を煮込んだだけのお料理や、
有元葉子さんが住まわれていることで一躍有名になった、
プーリア地方の名物、赤の発泡ワインも多種揃い、
表面の焦がされたクレームブリュレが、
良質のカスタードクリームそのもののよう、
どれも、あれっ!!と、顔をみあわせてしまうおいしさ!

ボリュームも満点で、われらよく食べる女子二人、
お料理2品+デザート+カプチーノで、
あえなく、おなかがはち切れてしまいました。

スタッフは、仲良しお兄さん三人トリオ。
北イタリア豆知識をどんどん伝授してくれます!
現地の生活を、経験しているからこその味なんですよね。
先月オープンしたばかりのく隠れ家ですが、
恵比寿だというのに、カラっと良心的なお値段だし、流行る予感。
しかしあえて、美味しさでオススメします。

みなさんもぜひ、いってみてくださいね!

OSTERIA BAR Via PocaPoca (オステリアバール ヴィア ポカポカ)


TEL 03-5422-6362
東京都渋谷区恵比寿1-24-12 戸塚ビル102
※ご主人は「おおがみさん」です。イケメンです!

ちなみに豚肉は、秋の薬膳で、使うとよいとされている食材。
ビタミンBが豊富で、弱りがちな肺を潤し、滋養する。
栄養学的にみても、炭水化物と一緒にとると、
糖質の吸収をおさえてくれるので、
パンやお米を食べるときに、理想的なたべあわせ。

試験の時、秋はお肉なら豚、魚介なら牡蠣、って覚えたっけなぁ~。
[PR]
by iiyo-ok | 2011-10-13 20:26 | プログラムの一例

治癒は、知ることから。

e0172219_1222488.jpg
GW前にかいたらしい、やりたいことリストがでてきました。

「からだが浄化される食事をしに出かける。」
「軽井沢の別荘に泊まって、瞑想をしたい。」(そんなのないですが)

そうでした!今思い出しました。

遠出、できなかったな~。
でもなんだかんだ、地元であれこれ楽しんでいた、
今年の連休なのでした。

自然の中の瞑想は、日常の楽しみになっています。

自然の中で手をあわせる、ということは、
やりはじめてみると、
想像以上に、非日常的なものでした。

もし今、五行の図がお手元にあったら(ないと思うんですが、、)

「木」「火」「土」「金」「水」の五角形が、
食ったり食われたりしながら、均衡を保っている感じを、
イメージしてみてください。

五行は、循環が滞ると、膿んだり病んだりして、
ひずみのサインが出るようになっています。
自然界でいえば、それが天災と呼ばれるものです。

では、その循環の中で人間はどんな立場にいるかというと、
流れを作る側ではなく、その他大勢側です。

だから、山に座って自然の中に入っても、
とくにできることは、ないんですよね。
耳を澄ませて、現状を知り、身を委ねる。
それができる、全てです。

それでも、流れを尊重することができたら、
木や水にとっては、それが最高にありがたい存在。
人が有能だからこそ、
本当は、自然のほうから頼りたいくらいなんだと思います。

ちょっと話がそれますが、
病院にいったときに、あまり診察してもらえずに、
最新の薬をもらうのって、本当はいやですよね。
実際には、それで治るかもしれないけど、
長く使う大事な体だから、
わたしはお医者さんに「今」の状態を知ってもらいたいです。
根本から治したいからです。

ヨガもそうですが、
仕事も、人間関係も、生活も、
治癒はまず知ることからだと、つくづく感じます。

自然も、
風があっちから吹いてるな、とか、
空気が湿って、重たくなっているな、とか、
草が、ここに生えて居心地がよさそう、とか、
感じているだけで、心が通じあえたような気がして、
実に満たされます。

そんなわけで、月に3度の山瞑想が、
最近のわたしの楽しみになっています。
(遊びにいっていないしね。)

みなさんも、よかったらおつきあいくださいね。
[PR]
by iiyo-ok | 2011-05-18 12:21 | プログラムの一例

陰陽のこと。

以前にこのブログに、
「これのためだったのか日記」のことを、書いたと思います。

私がまだ、ギャルだった頃から(ギャルではなかったですが、その年代)
心の師匠と仰ぐ先輩が、
そういったメモを日々かきとめていると聞いて、
まねしてやりはじめた、という内容だったと思います。
2010/7/11 「幸せの達人」

ただの箇条書きのメモだけど、
つけていると、本当にいいことが繋がるよう。
ああこれもそのためだったか、と
些細な偶然が、偶然じゃないと素直に思えて、
自然に、感謝の気持ちがこみあげてきます。

実はこれ、薬膳の世界にも、それにあたる考え方があるんです。
「陰陽」という名前で、その核を成しています。

・・・ところで、突然ですが、
皆さんは、「陰陽って何?」と聞かれたら何て答えますか?

これは、私の過去の回答例です。
「陰陽?昼と夜?あ、サーフィンのマーク?・・・で、なんですか?」

でも今なら、胸を張ってこう答えます。
「希望!」

陰陽の恩恵を受けてドキドキワクワクすることって、
日に2~3回は、あるんじゃないかと思います。
のろけちゃいますか!
その前に、そもそも「陰陽」って何なのか、
概念を少しだけ、ご紹介したいと思います。

薬膳講座の①でお伝えしている内容なので、
参加された方は、重複してごめんなさいよ~。
ちょっとブレイクを・・・037.gif063.gif
- - - - - - - - - - - - - -

「陰陽」、ものの本で見ると、
中国に古くから伝わる、思想とあります。
日本に「陰陽師」という、国家占い師みたいな職業がありますが、
日本に伝わったのは、それが最初と言われています。

意味は、こんな感じです。

「地球上のすべてのものは、2つの面を持っている。」

身近なところで、たとえば、レシートを手にもってみると、
見えている面と、反対側にもう1つ見えない面が、ありますよね。
見えようが、見えなかろうが、必ず2つの面がある。
これが、陰陽の1つ目のポイントです。

2つ目のポイントは、

「その2つの面は、互いに相手がいなくては成立しない」

もしレシートの、向こう側の面だけがなくなったとしたら、
それは同時にレシートそのものが、
なくなったということになります。
もし、薄くのされ、ついには透けてペラペラになったとしても、
レシートがそこにある限り、面は必ず2つです。

面は、互いに相手を思い、相手を消さないようにしながら
自らも存在させてもらって、そこにあるのです。

そして、3つ目のポイント。
これが面白いんです。

「2つの面は、相反するもの同士でペアになっている」

確かに、物事って、正反対同士で対になっていることが多いんです。
陰陽は原則として、
陽のあたらないほうが陰、陽のあたるほうが陽、と考えますが、

「光陰」は、陰(かげ)=「陰」で、光=「陽」。
「表裏」は、裏=「陰」、表=「陽」。

「ヒト」は、お腹面=「陰」、背中面=「陽」。
人も、犬と同じに四つんばい状態で考えます。

「一日」は、夜が「陰」、朝が「陽」。
「一年」は、冬が「陰」、夏が「陽」。
まさに正反対の性質同士だけど、
時間がくるとタッチ交代、相手に場を譲っていますよね。

「内外」は、内が「陰」、外が「陽」。
「夫婦」は、女性が「陰」、男性が「陽」。
これの理由は、女性が家を守ってきたから、など諸説あります。

みていけばいくほど、それぞれ相方がいなければ、
続きがないか、そのもの自体がない。
お互いに打ち消しあう存在にもなりうるのに、
お互いに、相手無くしては、存在できないことを知っていて、
1つの円の中で、決して消しきることなく、
ギリギリのところで、座をゆずりあっています。

陰陽のことは、掘り下げればまだまだ、
ほほう!と、納得の事実が、浮かび上がってきます。
知れば知るほど、
物事には見えないもう1つの面があるという概念が、
体にしみこんできます。
それくらい、私たちは陰陽の恩恵に囲まれて
日々を送っているんですね。

なので、もし今悲しい出来事が起きたととしても、
それにも必ず、もう1つの嬉しい面がある、ということです。
わざわざ言い聞かせるまでもなく、
それが、古来からの不変のからくりですから、
これだけちょっと例外です、なんてことはない。
宝くじにあたるより、ないことだって思います。

どんな出来事にも、これでよかった、と思うゴールが
必ず用意されている。
そう思うと、ちょっとワクワクしませんか?016.gif
[PR]
by iiyo-ok | 2011-03-29 19:30 | プログラムの一例

内面美としてのヨガ。

e0172219_23151355.jpg
目があった。うー、かわいい~!

子供のころ、くんくんという犬を飼っていて、
ちょっと柴犬に似てたので、今でもこの手のタイプに弱いんです。
ちなみに友達のAYちゃんは、ミニチュアダックスを6匹飼っています。
最近引っ越したとのこと。
ワンコにも会いたいし、アレもごちそうになりたい・・!
(アレ=お母さん直伝ドライカレー。美味しいんだ・・・)

今日、雪が、見事でしたね~。
雪はワクワクします!
そして降り始めのときどこにいたかと聞きたくなる。私だけ?

私は、駅のホームにいました。
今日は朝から、馬車道ヨガの日。
ホメオスタイル横浜ハウスのラウンジで行われるヨガクラスです。

こちらのエステは、総合美がテーマ。
「内」「外」「心」を、自然治癒力で磨くのですが、
エステ以外にも、魅力的な講座が多数そろっていて、
ヨガはそのうちの「内面美」として、取り入れて頂いています。

エステでヨガ、とかいうと、すごいのを想像してしまいますが、
実際はこんな感じ…→「馬車道ヨガのいいところ
まったり&マイペース&ガッツ?

今日は人も少なめで、ゆったりでしたね!
毎月通ってくれている、お花屋Nちゃん。お花屋Sちゃん。
お花屋Kちゃん…は、お休みで残念。
それから、ホメオスタイル横浜ハウスの、相磯さん、杉山さんは、
スタッフーとしてヨガをサポートしてくれながら、ご自身も休まず参加。
感謝です。
今日は、雪とみんなの「疲れちゃった、眠りたい」が
一体となって、またいいヨガになりました。

皆さん、雪で寒い中、ありがとうございました!

056.gifNちゃんの花屋さん
florale e’cru(フローラル エクリュ)

〒233-0006
横浜市港南区芹が谷3-34-12
TEL&FAX 045-825-8586
9:00-19:00 火休(※配達は近隣のみ)
迫力あるウェディングブーケのページはこちら!
[PR]
by iiyo-ok | 2011-03-08 00:23 | プログラムの一例

丹田力の面白さ。

~ある日の日記から~

今日、丹田力の面白さを思い出した。
持ってる力以上のことが、できてしまうんだった。
それも、思ってもないことが、急になんだった。
シコのポーズ1分間を2セットしたら、笑っちゃうくらいつらかったけど、
2番ポーズが軽かった。足が浮いて、いつまででもできた。
もってると思ってた力以上のことができちゃう驚き、これこれ、これだよー!!
懐かしいな。みんなと毎日汗だくでヨガをがんばってたころ、
誰もが毎日のように、自分の能力を超えられた。
丹田力は魔法だ。
思い出せてよかった!ありがとうございます!
[PR]
by iiyo-ok | 2011-01-10 17:20 | プログラムの一例

自然にまかせる。

e0172219_2212588.jpg
あんまりきれいで、掃けなかった、軒先。
豪華絢爛、もみじのじゅうたんです。
e0172219_2259236.jpg
ごほうび和菓子は「姫りんご」。(photo by RKさん、thanks!! )
キューーーーーーーン。一同、もれなくハートを射抜かれました。


もうすっかり、生活の一部となっているごほうびヨガです。
だけど昨日ふと、意味不明の不安に気付きました。なんだろうこれ?
そうしたらある方に、
ルーチンになっているからじゃないですか、といわれました。

なるほど…。そういえばたまに必要になるのです。
5年後、10年後、どうなっていたいのだったかを思い出すこと。
目標の再確認を、早速やってみました。
そうしたら、うーん!!!!
とたんに期待で胸が膨らみ、やるぞおお、和菓子もあるじゃないかぁ!!
となりました。
単純です。こんなとき、単純でよかったと本当に思います。。

ところで、やるやらないの決まり方って、人それぞれですね。
皆さんは、ご自分のパターンってどうですか?
準備が整ったら、やる人。
とりあえず、やってみる人。
以前の私は、整ったらどころか、完璧にできると思えるまでやらない人でした。
何度もその方法を選びながら、ある日、
ただやる、という以上の選択はないと、
ストンと胸に、おちてきました。

今は、話ががきたらやる。
そうなったときが、あなたにはそれをする力が
備わっていますよというお知らせのときだと思っています。
これは、ヨガをはじめてからです。
それまでは、傷つくことは避けたい、損するのも避けたい、
うまくできるかわからないことをやるなんて、ありえなかった。
恩師は私に何かにつけて、
「ただやることです」と、言ったものです。

自然に任せるって、勇気がいる。
ダメだったときに、笑う覚悟があるってこと。
無責任とは対極にある、
むしろ勇敢で、努力のいることだと思います。

自然にまかせられているときは、
自分を信じられてもいる。
そんなとき、人っていい顔しています。
私も、なにはなくともいい顔してる人でいたいなーと思います。
[PR]
by iiyo-ok | 2010-12-08 23:50 | プログラムの一例

最近、おいしかったもの、もの。
e0172219_10393827.jpg
今年も出ました、『栗の香』。
先日、たからの庭で、堂々の初物です。
「これすっごい肉体労働なんだよ。」と、御園井さんのコメントを
思い出さないではいられない…美味です。

e0172219_10444881.jpg
お手製ボストック。
稲村クラスのSYRさんから、お土産に頂きました。
普通のと違って、くるみの皮がはいっているそう。
さすがです。フランスに長いこと、住んでいたそうなのです。
しっかり甘くて、苦みにオリジナリティを感じる。
もう1つ、じゃあ私ももう1つ、と、あっという間になくなっちゃいました。

そうだ、寿福寺の写真も…!
e0172219_10535954.jpg
美味しい空気です。(見えないけど…)
吸いに行くのです、たま~に。。

と、美味しいものたちに思いを馳せつつ、
今日は、ここからが本題。
この間、つづけて2つヨガ報告があったんですよとお知らせしましたよね。
その2つ目のほう、ご紹介します!

ヨガ歴1年のKRさんが、この間健康診断にいったら、
なんと、肺年齢が若返って、おへそ周りが2センチ、細くなっていたそうです。
ヨガのおかげですと、ごていねいなメールを頂きました。

KRさんのお得意は、瞑想。
私にBGMなど尋ねたりもして、宿題にしていたほど。
自分を見つめながら、呼吸が深くなり、
気持ちがぐんとアップされる変化は、目をみはるようでした。
それが内臓の数値や体型の数値、目に見える効果に、
ついになったんだなと思いました。

得意なものを楽しくやってたら、結果はついてくるんですね。
それを教えていただいた気がしました。
KRさん、報告ありがとうございます!
[PR]
by iiyo-ok | 2010-10-22 11:36 | プログラムの一例