豆ヨガ茶を飲む前に。

063.gif「豆ヨガ茶」(70g600円)

ヨガで呼吸が深くなり、巡りがよくなった体を、継続するためのお茶。
明日また、浅い呼吸や、つらい体調に戻ってしまったとしても、
「今日ヨガをしたことをムダにしないよ!」と
ヨガをがんばった体を応援してくれる、生徒さんのための応援茶です。
まだヨガをしたことがない方も、薬膳茶としてその効能を、お楽しみ頂けます。
e0172219_12562480.jpg


-------------------------------------------------

<原材料>
黒豆、裸麦、陳皮、枇杷の葉、ほうじ茶、玄米、クコ葉、どくだみ、ハブ草、延命草

<効能>
→「豆ヨガ茶×気のヨガ 効果対照表
→「原料と、そこから影響を受ける内臓

(黒豆) 活血/利水/益腎/解毒/鎮心/明目/消腫
(裸麦) 補気/益力/除湿/止泄
(陳皮) 理気/調中/燥湿/化痰/気鬱を晴らす/湿の邪気をはらう/大腸の滞りをなくす
(枇杷の葉) 健脾/和胃/止瀉/気降/化痰/清肺
※可能治療・・・気管支炎、リウマチ、神経痛、あせも、打ち身、疲労回復

<飲み方>
e0172219_1312152.jpg

☆ホット
ティースプーン2杯分を急須にいれ、熱湯を注ぎます。
3煎おいしく頂けます。
☆水出し(ホットより味がまろやかに)
0.5~1リットルのお水に10g(1袋の1/7くらい)の茶葉を入れ、一晩おきます。
翌朝にはおいしく頂けます。

※ほうじ茶ベースで、他の食材となじみやすいので、
味や香り、効果を高める食材を、比較的自由に加えられます。
(例)
食欲増進→ローリエの葉
内臓から温め→シナモンスティック、たんぽぽの根っこ
呼吸を楽に、肺をスッキリさせる→枇杷の葉
美肌・ビタミンC不足に→柿の葉
鎮静・爽快感・気分のリセットに→ミント
健胃・脳の働きアップ→ローズマリー
初期の風邪、冷え、不眠→カモミール

-------------------------------------------------
<ご購入方法>
055.gif 稲村ヶ崎、藤沢、横浜の各クラス及び、Eメールでもご購入頂けます。
(お名前、お電話、数量、お届け先をお知らせください。)
Eメール/yoga@iiyo-ok.com
-------------------------------------------------

2週間飲み続けた、私の感想です。
スーッとするかんじ、さわやかな感じが気持ちがよく、
朝一のお茶。

午後、気分転換のときには濃く淹れて、つよい薬膳の味に。
家でコーヒーを淹れる回数がぐっと減りました。

毎日飲み続けて、枇杷葉(びわよう)の効能「清肺」が
どんな感じか、実感したい!

生徒さんたちからは、こんな感想を頂いています。

058.gif「豆ヨガ茶」の体験談
・おいしくて、のみやすい。
・スーッとする。
・お茶がらから芽が出た。生命力を感じた!(裸麦?)
・もたれているときに飲むと、お腹がすく。
・利尿作用があるみたい。
・いい香り。
[PR]
by iiyo-ok | 2009-09-08 12:58 | 薬膳レシピ